【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂三木助(三代目)加賀の千代

   

Sponsored Link

暮れも押し詰まって大晦日。それなのに金策が出来ていない甚兵衛亭主の尻をたたく女房。無いものはないとケロッとしている亭主に、ご隠居さんの所で借りておいでとけしかける。

「ご隠居さんはお前が可愛くてしょうがないから、貸してくれるよ」

「子供でも無いのにかい」

「犬や猫を可愛がる人は膝に乗せたり胸に入れたり子供以上だ。生き物だけでなく植物だって同じで、朝顔だって同じだよ」、

「植木鉢を膝に乗せたり胸に入れたり?」

「昔、加賀に千代という歌の上手い女性が居た。お殿様の耳に入り伺候(しこう)する事になった」

「四光は難しいぞ」

「花札と違うよ。殿中に上がりお殿様と対面したら、着物の紋が目に入った。紋は梅鉢であったので句を詠んだ『見やぐれば匂いも高き梅の花』。たいそうお褒めの言葉をいただいた。そのぐらい歌が上手かった」

「朝顔は何処に」

「ある朝、水を汲みに入ったら、井戸端に朝顔が巻き付いて花を咲かせていた。水が汲めないので近所に水をもらいに行った、その時に詠んだ句が『朝顔につるべ取られてもらい水』、朝顔だって可愛がる人が居る。ご隠居さんがお前を可愛がるのに不思議があるか」

「俺は朝顔か」

「どれだけ借りてくれば良いんだ」

「20円」

「20円もか。ホントはいくらあれば良いんだ」

「8円5~60銭有れば良いんだが、20円と言って『そんなには貸せないから半分』と言われても何とかなるだろが、それを10円貸してくれと言って半分の5円では”帯に短しタスキに長し”だろ。特に今日は手土産の饅頭を持っていかないとね。手土産を持ってこられたら手ぶらでは帰せないだろ」

出来た女房に追い出されて、ご隠居の所に。

待っていたから上がれ、上がれと歓待するご隠居さんです。

「様子を見れば分かる。いくら欲しい」

「今月はいつもと違うので、ビックリするな、20円」

「ビックリするなと言うと120円か」

「話の分からないご隠居さんだな」

「では、220円か」

「怒りますよ」

「足りなければ本家に電話するから。で、本当はいくらなんだ」

「8円5~60銭」

「バカ野郎。それなら最初から8円5~60銭と言いなさい」

「それは素人。最初から8円5~60銭と言って半額の5円になったら”帯に短しタスキに長し”になってしまう」

「では10円」

「アリガトウ。やっぱり朝顔だ」

「その朝顔とは何だ」

「『朝顔につるべ取られてもらい水』だ」

「チョと待ちなさい。『朝顔につるべ取られてもらい水』?解った。加賀の千代か」

「う~~ん、嬶(かか)の知恵」

[出典:http://ginjo.fc2web.com/227kaganotiyo/kaganotiyo.htm]

Sponsored Link

 - 桂三木助(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂三木助(三代目) 三井の大黒

三井の大黒(みついのだいこく)は落語の演目の一つ。名人と呼ばれた大工・左甚五郎を …

桂三木助(三代目) 人形買い
桂三木助(三代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

桂三木助(三代目)蛇含草

上方落語発祥の古典落語で、大食いを自慢する男と謎の薬草をめぐる滑稽噺。 主な演者 …

桂三木助(三代目)崇徳院

元々は上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになった。 『崇徳院』は、小倉 …

桂三木助(三代目) 御神酒徳利

※途中、録音状態が悪い部分があります。

桂三木助(三代目)近日息子

近日息子(きんじつむすこ)は上方落語の演目の一つである。 概要 初代桂春團治や2 …

桂三木助(三代目) ざこ八(先の仏)

あらすじ 歳の頃三十二、三のいい男で道中の陽焼け跡がくっきりと見え、振り分け荷物 …

桂三木助(三代目) 芝浜

『芝浜』(芝濱、しばはま)は古典落語の演目の一つ。 三遊亭圓朝の作とされるが不確 …

桂三木助(三代目)さんま火事

昭和31年(1956年)9月の音源 初代林家正楽(一柳金次郎)作 長屋の愉快な連 …