【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝 火事息子

   

Sponsored Link

田三河町の質屋の近くで火事が出た。火はは下火だが、蔵の目塗りをしていない。
職業柄、人の物を預かる蔵の目塗りをしないわけにはいけないので、番頭に言いつける。梯子をかけて、番頭が上る。
梯子の上まであがり、折れ釘に片手でつかまって、他方の手で土を受け取ろうというのだ。
投げる方も受ける方もなれないのでうまくいかない。

そこへ、一人の臥煙が屋根からやってきて、番頭の前掛けの紐を折れ釘にかけてくれたので両手が使えるようになって仕事がうまくいった。
仕事が終わり、ご近所からお見舞いが来きて大騒動。番頭が旦那に火消し人足に礼をと連れてくる。勘当した息子の吉三郎だった。

一人息子で家業を継ぐことを期待されていたが火事が好きで、鳶になろうとしたが、親が手を回して阻止したため、臥煙になったたため、勘当したのだ。今は前進に入れ墨を入れている。旦那は一応礼を言うが、今の姿をなじる。買える前に母親にあわせる。

母親は喜んで着る物を持って帰らせると言うが、旦那は反対する。代わりに、着物とお金を捨てれば拾って買えるやつもある、ちょくちょく捨てればいいと、気持ちは息子を愛して心配なのだ。
母親は多くを捨てようとする。
「この子に黒羽二重の五所紋付き、仙台平の袴をはかして、脇差しを差さして、雪駄履きでもって小僧を共に付けてやりましょうよ」

「おい、何だよ。勘当したこんなやくざな倅だ、な~、黒羽二重の五所紋付き、仙台平の袴、脇差しを差さして雪駄履きで小僧をつけて、いったい婆さん、どこにやろうってんだよ」

「だっておじいさん考えてごらんなさいよ、火事のおかげで会えたんですから、火元に礼にやりましょう」

[出典:geza.blog22.fc2.com]

 

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝/蔵前駕籠(蔵前駕篭)

蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。 原話は、「今昔物語」第二十八刊 …

■古今亭志ん朝 お見立て

お見立て(おみたて)は古典落語の演目の一つ。 原話は、文化5年(1808年)に出 …

古今亭志ん朝 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間のこと。 名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので …

古今亭志ん朝 百年目

あらすじ ある大店の一番番頭・冶兵衛。 四十三だが、まだ独り身で店に居付き。 こ …

古今亭志ん朝 浜野矩隨

★聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生 浜野矩隨

古今亭志ん朝 富久

あらすじ 夜半日本橋横山町の元の旦那越後屋さんが火事だという。急いで駆けつけると …

■古今亭志ん朝/宗珉の滝(そうみんのたき)

あらすじ 二代目橫谷宗珉の若かりし時の話。 江戸時代腰元彫りの名人橫谷宗珉の弟子 …

古今亭志ん朝/真景累ヶ淵(豊志賀の死)

あらすじ 1793年、根津七軒町に住む富本の師匠豊志賀は、出入りの煙草屋新吉と年 …

古今亭志ん朝 文七元結

あらすじ 腕は良いが博打に嵌って大きな借金を作った左官の長兵衛が家に帰ると、娘の …

古今亭志ん朝 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …