【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/紙入れ

   

Sponsored Link

紙入れ(かみいれ)は、古典落語の演目の一つ。
いわゆる「艶笑落語(バレ噺)」であり、原話は安永三年の「豆談義」に収録されている「かみいれ」。

あらすじ

貸本屋の新吉は出入り先のおかみさんに誘惑され、旦那の留守中にせまられていた。そんな時にいきなり旦那がご帰宅、慌てた新吉はおかみさんの計らいで辛うじて脱出に成功する。
もうやめようと決意する新吉だったが、旦那からもらった紙入れを、現場に忘れてきた事に気づく。
しかも、紙入れの中にはおかみさん直筆の『遊びにいらっしゃい』という手紙が入っている――絶体絶命である。
焦った新吉は逃亡を決意するが、ともかく先方の様子を探ろうと、翌朝再び旦那のところを訪れる。
出てきた旦那は何故か落ち着き払っている。変に思った新吉は、「他の家の出来事」と称して昨夜の出来事を語ってみるが、旦那はまるで無反応。
ますます混乱した新吉が考え込んでいると、そこへ浮気相手のおかみさんが通りかかる。
旦那が新吉の失敗を話すと、おかみさんは
「浮気するような抜け目のない女だよ、そんな紙入れが落ちていれば、旦那が気づく前にしまっちゃうよ」
と新吉を安堵させる。
旦那が笑いながら続けて
「ま、たとえ紙入れに気づいたって、女房を取られるような馬鹿だ。そこまでは気が付くまいて」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎 八月下旬

夏休みの終わりに小学生ケンイチが体験する、大人のほろ苦く甘酸っぱい世界……

柳家喬太郎/反対俥(はんたいぐるま)
柳家喬太郎 いし

あらすじ 月曜日の朝、アパートの部屋でひとりの男が目を覚ましました。 35歳独身 …

柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎 家見舞い(肥瓶)

「家見舞」は古典落語の演目の一つ。「肥瓶」とも呼ばれる。 上方では「祝いの壺」と …

柳家喬太郎 鬼背参り(おにのせまいり)

浮気ものの若旦那、遊びが過ぎて江戸を離れていたが、このたび親元に戻って来ている。 …

柳家喬太郎/うどん屋

あらすじ 江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。 大勢の客に当た …

柳家喬太郎 バイオレンスチワワ

あらすじ ある日、人間に飼われているチワワが、あるじと一緒に散歩へ出かける。 す …

柳家喬太郎 巣鴨の中心で、愛をさけぶ

あらすじ 知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。 友人の前でその熱々 …

■柳家喬太郎 ほんとのこというと

あらすじ 結婚の挨拶にと、女が男の家を訪ねる。 いい家族に迎えられた女は、自分に …