【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川談志/勘定板

   

Sponsored Link

ハバカリの無い村があった。山奥のまたその山の向こうに海岸が有って、ま、不思議な所があるものですが、その海岸に杭が打ってあって、紐の先に板がくくり付けられていた。便所に行きたいときは引き寄せてその板の上に用を足して、海にもどした。この村では上から食べて下から出すから勘定すると言って、その板を勘定板と呼んでいた。

その村人が江戸見物に出てきた。宿に入ったが仲間の一人が顔色が悪い。
勘定ぶちたいが、ここは江戸だから海も無いし仕方も分からない。
番頭を呼んで聞いてみることにした。

「相棒が顔色悪く、勘定が溜まっているので勘定をぶちたい」
「お発ちですか」
「いや、今朝来たばかりで10日程世話になる」
「それでは、お帰りの時まとめてくれれば、それでイイですよ」
「なに、10日もまとめるか。田舎にいたときは毎日勘定していた」
「お堅い事で」
「堅いか柔らかいかは分からない。毎日勘定ぶったらいけないか」
「毎日というと、私らが面倒になります」
「そっちが面倒でも、こっちはぶたせてもらう」
「分かりました。ではどうぞ。ここでおやんなさい」
「勘定板を持ってこい」。

番頭だから気が利きすぎていた。
勘定と言うからソロバンのことだと思った。昔のソロバンは裏に板が張ってあった。間違えるときは仕方が無いもんで…。

「これにどうぞ」
「板が細いがこぼれないか」
「ここからはみ出る勘定を私は見たことがございません」
「勘定が出来たらどうする」
「お手を叩いていただけたら、私が取りに伺います」
「勘定場に連れて行って欲しい」
「今、帳場が混み合っていますから、ここでどうぞ。床の間の前でも、日当たりの良い廊下でも、どうぞお好きな所で」
「では、廊下でしよう」。

ソロバンを裏側にしてまたごうとしたが、羽織の裾が引っかかってソロバンがゴロゴロゴロと転がり始めた。
「お~う、見ろや。江戸は重宝だ、勘定板が車仕掛けになっとる」。

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/文七元結
■立川談志/紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

立川談志/味噌蔵

あらすじ 驚異的なしみったれで名高い、味噌屋の主人の吝嗇(しわい)屋ケチ兵衛。 …

立川談志/へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年) …

立川談志/化け物使い

人使いの荒いご隠居がいて、次々と奉公人を雇うが、三日も経たずに「暇をもらいたい、 …

立川談志/垂乳女たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

立川談志/ねずみ穴(鼠穴)

あらすじ 竹次郎が江戸の兄のところに訪ねてきた。 竹次郎は遺産の大部分を茶屋酒と …

立川談志/岸柳島(巌流島)

隅田川を渡るのには橋があったが、両国橋と吾妻橋の間に”御厩の渡し”が有った。ここ …

立川談志/短命(長命)

あらすじ 大店の伊勢屋の養子が、来る者来る者たて続けに一年ももたずに死ぬ。 今度 …

立川談志/五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …