【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目) 堪忍袋

      2015/05/03

Sponsored Link

原作者は、三井財閥の一族である劇作家・評論家の益田太郎冠者

主な演者として、東京の8代目桂文楽、3代目三遊亭金馬、5代目柳家小さん、10代目柳家小三治などがいる。

Sponsored Link

あらすじ

熊五郎夫婦は、今朝からずっと夫婦喧嘩を展開中。
出入り先のだんなが用事で来あわせ、隣にようすを聞くと、今朝からもう四度目という。

「お前さんがたな、喧嘩をしていてはお金もたまらんぞ。よく言うじゃないか、『笑う門には福来る』って。例えばな…」

昔、中国に何をいわれても怒らない男がいた。変に思った仲間が、彼を料理屋に呼び出して物凄い罵倒をしてみるが、男はなかなか怒らない。 そのうち、男は「ちょっと失礼」と言って帰ってしまった。

「さては、家で下男かなんかに八つ当たりをしているな?」
仲間が男の家に押しかけると、男はニコニコして出迎えてくれた。
「この人は、何かむしゃくしゃした事があると、家の大瓶にみんなぶちまけていたんだ。それから、あれは偉い人間だと評判になり、出世をしたそうだ」

喧嘩ばかりをしていては福も逃げる。瓶…は大げさだから、例えばおかみさんが袋を一つ縫って、それを堪忍袋とし、ひもが堪忍袋の緒とするんだ。

お互いに不満を袋にどなり込んで、ひもをしっかりしめておき、夫婦円満を図れ…と言う話。
感心した熊さんは、おかみさんに袋を作らせ早速…。

「亭主を亭主と思わないスベタアマーッ」

続いておかみさんが、「この助平野郎ゥーッ」…「この大福アマッ」…「しみったれ野郎ッ」…。
物凄い喧嘩に聞こえる。見かねた隣人が仲裁にしにくるが、熊さんがケロっとしているのでびっくり。

「へー、そんなすごい袋があるの。俺にも貸して!」
袋に向かって「やい、このアマッ、亭主を何だと思ってやがるんだッ」

これが大評判となり、熊さんの家は門前市をなす大混雑。三日も経たない内に、袋は喧騒でいっぱいに…。

「どうする?」
「如何するって…。明日になったら、海にでも捨ててくるしかないだろ?」
これ以上吹き込んだら大爆発を起こしかねない。仕方がないので、戸締りをして寝たとたん…。

「開けろー!! コンチクショウ! 開けろ!! あけろ!! アケロ!!」

同じ長屋に住む、酒乱の六だ。仕方なく戸を開けると…。

「仕事の後輩が若いのに生意気で、オレの仕事にケチをつけやがるから、ポカポカ殴ったらみんなオレばかりを止めるので、こっちは殴られ放題だったんだ」

がまんがならねえから、どうでも堪忍袋にぶちまけさせろ!

「駄目だって、袋がいっぱいなんだよ」

「やかましい、貸せ!!」

袋の紐をぐっと引っ張ったから、中から喧嘩がいっぺんに飛び出してきた。

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)お化け長屋
三遊亭金馬(三代目)勉強(清書無筆改作)
三遊亭金馬(三代目) 錦の袈裟

あらすじ 町内の若者たちが吉原へ遊びに行くについて相談をした。 「質屋に何枚か質 …

三遊亭金馬(三代目) 池田大助(佐々木政談)

あらすじ 大岡越前守が、田舎侍に扮して、護衛を一人つけて、江戸市中を見回って歩い …

三遊亭金馬(三代目)  高田馬場

あらすじ 春の盛りの浅草・奥山。 見世物や大道芸人がずらりと並び、にぎやかな人だ …

三遊亭金馬(三代目)夢金

山谷堀の吉田屋という船宿。 そこの船頭・熊五郎は、このところ毎晩のように超現実的 …

三遊亭金馬(三代目)権兵衛狸

権兵衛狸(ごんべいだぬき)は、落語の演目の一つ。 初めは東京のみで演じられていた …

三遊亭金馬(三代目)一目上がり(ひとめあがり)

一目上がり(一目上り、ひとめあがり)は古典落語の演目のひとつで、「七福神(しちふ …

三遊亭金馬(三代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭金馬(三代目)雑俳

あらすじ 長屋の八五郎が、横町の隠居の所に遊びに行くと、このごろ雑俳に凝っている …