【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■金原亭馬生(十代目)笠碁

      2018/07/10

Sponsored Link

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。
上方落語であったが、東京に移植された。
囲碁をテーマにした人情噺で、原作は、初代露の五郎兵衛。

地味だが、喧嘩しながらも離れられない人情の機微が鮮やかに描き出されている。
古くは三代目小さんが名人芸を示したが、近年では五代目小さんの緻密な芸と、八代目可楽の渋味溢れる芸が双璧と謳われた。

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬生(十代目)道具屋
【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生【富久】

【親子リレー落語】古今亭志ん生・古今亭志ん朝・金原亭馬生【富久】 親子三人による …

金原亭馬生(十代目)明烏
金原亭馬生(十代目)粗忽長屋

⇒★聴き比べ

金原亭馬生(十代目)大山詣り

大山詣り(おおやままいり)は古典落語の演目。原話は、狂言の演目の一つである「六人 …

■金原亭馬生(十代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。 原話は不明だが、江戸時代から高座にかけら …

金原亭馬生(十代目)王子の狐

王子の狐(おうじのきつね)は、落語の噺の一つ。 初代三遊亭圓右が上方噺の高倉狐を …

■金原亭馬生(十代目)鰍沢

おやじの骨を身延山に納めるため、参詣かたがたはるばる江戸からやってきた新助。 帰 …

金原亭馬生(十代目)文違い

新宿の女郎お杉、客の半七と田舎の大尽・角蔵にそれぞれ金の無心をするが、実は間夫の …

金原亭馬生(十代目)幾代餅

別題:幾代餅の由来 「搗き米屋(精米業者)に勤める清蔵が幾代太夫に恋をし、一途な …