【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目)笠碁

      2018/07/18

Sponsored Link

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲碁をテーマにした人情噺で、原作は、初代露の五郎兵衛。
古くは三代目小さんが名人芸を示したが、近年では五代目小さんの緻密な芸と、八代目可楽の渋味溢れる芸が双璧と謳われた。

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目) たちきり

「たちぎれ」もしくは「たちきれ」は、上方落語の演目の一つ。 別名「立ち切れ (た …

三笑亭可楽(八代目)尻餅(しりもち)

あらすじ 八五郎の家では、大晦日だというのに夫婦喧嘩をしている。 隣近所では餅つ …

三笑亭可楽(八代目)たいこ腹

歴史的音源

三笑亭可楽(八代目)甲府い

あらすじ 甲府育ちの善吉。 早くから両親をなくし、伯父夫婦に育てられたが、今年二 …

三笑亭可楽(八代目) 芝浜

昭和38年(1963年)4月の音源

三笑亭可楽(八代目)悋気の見本

あらすじ ある会社の重役が容姿端麗な奥さんをもらった。 ところがこの奥さん、焼き …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目)青菜
三笑亭可楽(八代目) 石返し

あらすじ 少しばかり頭が薄明状態の松公は、夜なきそば屋のせがれ。 親父の屋台の後 …

三笑亭可楽(八代目)うどん屋

あらすじ 酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 …