【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)怪談累草紙(かさねぞうし)~親不知の場

   

Sponsored Link

二代目三遊亭圓生作、通称“古累(ふるがさね)”と称する「累草紙-親不知の場」の一席

巣鴨鶏声ヶ窪(けいせいがくぼ)に住まう吉田監物(けんもつ)の奥家老の堀越与左衛門の次男・与右衛門は、十二歳で越中の郷士のところへ世継ぎにやられ、そこでなに不自由なく十年を暮らしていました。

二十一になると、さすがに江戸が恋しい、実の親にも会いたいと言うところから養家には置き手紙をして抜け出て、実父が形見にくれた関の兼吉(せきのかねよし)の差し添えを持って江戸へ出掛けます。

十年経って親子の名乗りをしようと言うにはこの脇差しがただ一つの証拠となる大事な品物。

泊まりを重ねて宇多の宿の菊屋という宿屋に泊まり、二階の座敷に案内された。一本酒を飲み、女中と世間話をしていると、下の座敷から上方歌が聞こえてきた。

声音といい音締め(ねじめ)といい、実にえもいわれない巧さ。この女性の声に、姿形も見ないのにぞっこん恋慕をしてしまいます。

女中に聞けば江戸の生まれで、お磯と言って歳は十九。能登の七尾に行く途中で、この主人の世話になって長逗留をしているという。

食事が終わって厠(かわや)へ行こうと、下の座敷の廊下のところを歩き、確かにこの座敷だと障子の合せ目から中をのぞくと、女は床の中に入っていて向こうを向いて寝ている様子。

厠の帰り、どうにも部屋を通りきれず再び部屋をのぞくと行灯の明かりがパッと消える。「許せよ」と、中に入りますと、唄の主は床に起き上がって、真っ暗闇の中「どなた様」と聞き、「すぐ出ていかなければ大きな声で人を呼びます」と言います。

「自分は江戸の侍で、唄に惹かれて恋心を覚えた。拙者の妻になってはくれぬか」
「貴方様がみだらな振る舞いをなさいますと迷惑いたします」
「慰み者にするのでは無く、江戸に行って妻としよう」

真剣である証にと大事な脇差しを渡します。女も許して朝に……

翌朝、宿の主人を呼び、お磯をここに呼んで欲しいと言い出します。

「あの磯は男嫌いでここには参りません」
「世話ついでに磯と私の仲人を引き受けて欲しい」
「えぇ!あの磯とですか?それはおやめになった方が……」
「いやいや、先夜話は付いておる。その証拠に関の兼吉を渡してある」

主人に連れられてお磯の顔を見て驚いた。絶世の美女……、とは裏腹に、耳が遠い上に、髪がほとんどなく目も見えず、顔は病と火傷でひどいありさま。

小さい時に松皮(まつかわ)疱瘡にかかり、その上煮え湯を浴びて二目と見られぬ不器量になったという。

「人違いであろう」
「いえ、脇差しを持っています」
「年寄りであろう」
「いえ、歳は十九になります」
「親が、世渡りが出来るようにと、三味線を教え込まれました。何も奥方のようには出来ませんが、お見捨て無くどうぞよろしくお願いします」
「人は見目では無く心だぞ」

途中で逃げても、裏道を通っても、関の兼吉が相手の胸中にある。どうしよう。

宿は出たが、考えあぐねてやって来たのが、(太鼓の波音、ここから芝居掛かりになり) 歌(うた)市振(いちぶり)の間に1里半ある難所親不知。

適当な岩に腰掛けて一休み。(三味線に変わる)与右衛門が「頼みがあるので聞いて欲しい」、「何事にも旦那さまには背かない」と答えるお磯。

「夜前、そなたに預けた関の兼吉を返してもらいたい」
「江戸に着くまでは自分が守護しろとのお言葉では無かったですか」
「武士が刀を手挟んでいるのに、脇差しを女に持たせているというのは、すれ違う者がおかしいと笑うであろう。どうぞ返して欲しい」
「何事にも旦那さまには背かないが、これだけはお許し下さい」

見ると両袖で押さえている脇差しの柄が出ているのを、す~っと抜き取った。(太鼓の波音に変わる)

「どうしても返さぬか。夫の言いつけに背く女房、離別いたした。いずれへなりとも失せろ」
「何を仰せられることやら、今捨てられては磯は露頭に迷ってしまいます。ご勘弁下さい。この刀はお返しできな……、あれ、鞘ばかり」
「この不自由な身体で……離せ、これ離せ……磯、そなたが掴んだのは刀の刃だぞ。抜き身だ、そちの指はバラバラになってしまうぞ」
「たとえ、指がバラバラになっても、この刀は返せません」

「南無阿弥陀仏!」と、言いながら刀を引くとお磯の指は切れてしまいます。

「そんな顔とは露知らず、言い交わしたが互いの災難。その手では三味線も杖を持つことさえもかなわぬ」

いっそ楽にしてやろうとお磯を斬り殺して崖下へ投げ込んでしまった。
関の兼吉の差し添いは我が手に戻った。

ホッとした与右衛門、罪も報いも無い者を我が手に掛けた、許してくれ
「南無阿弥陀仏」。この場から立ち去ろうとすると、真っ黒に日焼けした屈強の男が後ろに回り「人殺しメッ」

組んずほぐれつの戦いになったが、組み伏せられていた与右衛門がはね除けて、ここから逃げ出した。漁師風の男は引きちぎった与右衛門の片袖を持って

「良いものが手に入ったなぁ~」

逃げ出す与右衛門を見送り、幕になるのであります。

怪談「累草子・親不知の場」、ま~ずはこれまで……

[出典:https://rakugonobutai.web.fc2.com/255kasanezousi/kasanezousi.html]

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 戸田の渡し(お紺殺し)
林家彦六(八代目 林家正蔵)生きている小平次

江戸木挽町の山村座から奥州路に旅興行に出ましたが、その中に小役者の小幡小平次(こ …

■林家彦六(八代目 林家正蔵)五人廻し
林家彦六(八代目 林家正蔵) めだか

高知の須崎の港、廻船問屋の大黒屋満七は大変人がよく仏の満さん呼ばれていた。子供が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)年枝の怪談(ねんしのかいだん)

あらすじ 春風亭柳枝の弟子で、若手の年枝が宿屋で呼んだ按摩が、年枝と悉くぶつかっ …

林家彦六(八代目 林家正蔵) 芝居風呂
林家彦六(八代目 林家正蔵)目黒のさんま

目黒のさんま(めぐろのさんま)は落語の噺の一つである。 さんまという下魚(低級な …

林家彦六(八代目 林家正蔵) 鰍沢雪の夜噺(かじかざわ)

身延詣りの旅人が路銀目当てのお熊に撃ち殺されそうになるが、間一髪,鰍沢のお材木に …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) ぞろぞろ

演目:『ぞろぞろ』について http://rakugo-channel.tsuv …

林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …