【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

【お正月バージョン】古今亭志ん生(五代目)替り目

   

Sponsored Link

 

「大将、俥(くるま)差し上げましょうか」

「お前はそんなに力があるのか」

「いえ、帰(けえ)り俥ですから、お安くしておきます。乗ってくださいよ」

「やだ。でも、頼まれれば乗ってやらぁ」

「お願いします」

「俥もってこい」

「何処に行きます」

「お前が乗せたのだから、好きな所にやってくれ」

「そんな」

「何処にも行きたくない。だったら、お前の家に行こう」

「では、真っ直(つ)ぐ行きましょうか」

「家壊して真っ直ぐ行け。取りあえずかじ棒上げてみてくれ。おい、一寸待った。この家へ『こんばんは』と訪ねてくんねぇ」

「左様ですか。『こんばんは、こんばんは』」。

「開いてますよ。どうぞ。あらまぁ、へべれけで。家に入りなさい」

「この親方がお宅によっていくと言うもんですから……」

「私(あたしん)とこの人よ。いくら。何処から乗せたの」

「何処から……っていってもね、お宅の戸袋のところから。まだ車が動(いごい)ていないんです」

「お手数掛けましたね」

「いいんです。俥賃は」

「そんなこと言わず、取って下さい。そこ閉めて下さいね」

「どうして家の前から乗るの」

「頼まれたから乗ったんだ。俥賃いらないと言ったのになぜやるんだ。稼いでも金がないと思ったら、みんな俥屋にやるな」

「ずいぶん酔ってるね。お寝なさい」

「寝ない。一寸こんなことやりたい」

「これってな~に」

「酒だよ」

「そんなに飲んできて、その上飲むの。飲ませません。飲んでなければ飲ませますけれど。そんなに酔っていては飲ませません」

「飲ませません?そんな権利はお前にはあるのか。お前はこの家の何だ。かかあのくせして女房で女。俺は亭主だぞ、一軒の家では主(あるじ)が一番偉いんだぞ。嘘だと思ったら区役所で聞いてみろ」

「もう飲めませんよ」

「飲める。口から飲めなければ鼻から飲む。俺が帰(けえっ)てきたら『お帰りなさい。ずいぶんお召し上がりですが、外は外、内は内、私のお酌ではやでしょうけれど一杯召し上がりませんか』と聞かれてごらん、もうよそうよ、となるんだ。それを『飲んじゃいけねぇ』と言うんだ、百年前のトカゲみたいな顔しやがって、だから、飲む~っと言うんだ」

「そ~ぉ、ずいぶんお召し上がりですが、外は外、内は内、私のお酌ではいやでしょうけれど一杯召し上がったらどぉ」

「じゃぁ、飲もうか」。

「遅いから、何にもないよ」

「いい。何か摘むものはないか」

「鼻でも摘んだら。もう少し早かったらアブラムシが居たんだが」

「そんなものでなく、台所に行けばなにか」

「ない」

「納豆の残った35粒あっただろ」

「ありません。食べちゃった」

「顔が曲がっちゃうだろ。そーいう時は『いただきました』と言うんだ」

「いただきました」

「我慢しよう。ラッキョウは」

「いただきました」

「目刺しがあったな」

「いただきましたよ」

「もう何もないの。私がみんないただきましたから」

「香香は」

「漬けてないの」

「生でもイイ、後からぬかを食べて頭に重石を乗せておく」

「横町のおでんを買ってこようか」

「イイね。直ぐ駆け出さないで、食べたい物を聞きなさい」

「はい。何がイイの」

「俺の好きなものは”焼き”」

「焼きって何ぃ」

「焼き豆腐のことだ。や・き・ど・う・ふ、と言っていたら舌を噛むことがある。江戸っ子は”焼き”と言えば焼き豆腐だとピンとくる」

「それから」

「”ヤツ”だ」

「ヤツガシラ」

「そうだ。それに”がん”だ」

「鳥の雁だね」

「違うわい。すぐにマヌケになるね。ガンモドキ。それにお前の好きなもの買って来な」

「じゃぁ、”ペン”がいい」

「なんだそれ」

「ハンペン」

「変な詰め方するな。早く買ってきな。なんだよ、鏡台の前に座って。そんな事しなくったって良いんだ、お前なんて、頭なんか無くったって良いんだ、足と手があれば良いんだ。早く買ってこい!お多福め。買いに行っちまった……」

Sponsored Link

独り言

「この飲んだくれを世話してくれるのは三千世界を探しても、あの女房以外にないんだよ。世の中に女房ぐら有り難いものはないね。それで、器量だって悪くはないし、近所の奥さん達は『貴方の奥さんは、本当に美人ですね。貴方には勿体ないですよ』なんて、ふふふ、俺もそう思う。イイ女だな、と思うけれどそんなこと言ったらダメなんだ。脅かしたりするが、心の中では『すまないな』と思っているよ。どうしてこんな美人がもらえたのかと思うけれど、口では反対のことを言ってしまう。おかみさん、スイマセン、貴方のような美人をもらえて、陰で侘びてますよ。許して下さい。貴方みたいなイイ女を女房にもらへて勿体ないくらいだ。ん?……まだ行かないのか」。

(変わり目・替わり目)

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 文七元結

文七元結(ぶんしち もっとい)は、三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ …

古今亭志ん生(五代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

古今亭志ん生(五代目)化け物使い

あらすじ 本所の割り下水に住む元武家の吉田さんは人使いの荒い隠居で有名であった。 …

古今亭志ん生(五代目)怪談牡丹灯籠(お札はがし)

[怪談牡丹燈籠]

■古今亭志ん生(五代目) おかめ団子

江戸時代飯倉片町におかめ団子という団子屋さんが有った。この店の一人娘にお亀さんと …

古今亭志ん生(五代目) 粟田口(あわだぐち)

刀屋の番頭・重三郎は、主人に止められていたのに酒に酔ってしまい、金森家の家宝であ …

古今亭志ん生(五代目)泣き塩(焼き塩)

泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。狂 …

古今亭志ん生(五代目)心中時雨傘(上・下)

あらすじ 根津権現の祭りは勇壮だった。 祭りの準備で屋台が出て、その上根津の遊廓 …

古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天保年間に出版された笑話 …

古今亭志ん生(五代目)鈴振り(鈴まら)

★聴き比べ→金原亭馬生 鈴ふり(すずふり)は、落語の演目の一つ。(鈴まらとも) …