【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

      2019/05/25

Sponsored Link

あらすじ

屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ飲んで帰ろうとするので、頼んでうどんを食べて貰う。
酔っぱらいは自分で唐がらしを全部かけてしまい、辛くて食べられないと怒って金も払わず行ってしまう。

次に、家からうどん屋を呼び止める声がしたので、注文かと思ったけれど、
「子供が寝たばかりだから静かにしておくれ」と言われてしまう。

今度は表通りの大店の若い衆がかすれた小さい声で呼ぶので、うどん屋さん大店で大口の注文だろうが、大きな声では店の主人に聞こえるとまずいから小さな声で注文しているのだろうと思い。

うどん屋さんも同じ調子で小声で

「おいくつですか?」
「ひとつ」

うどん屋さん取り合えず一人が食べうまかったら、大口の注文が……と期待。
若い衆はうまそうに熱いうどんをふうふうずるずる平らげる。
そして小声で「うどん屋さん……?」

うどん屋さん追加注文かと眼をかがやかして小声で「へぇぃ」

「お前さんもお風邪をひきなさったの?」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)山のあなた

あらすじ 毎日同じことの繰り返しで、朝目が覚めるなり、嫁さんにぎゃあぎゃあ言われ …

■桂枝雀(二代目)愛宕山

『愛宕山』(あたごやま)は、古典落語の演目。上方落語の演目の一つである。 春山の …

桂枝雀(二代目)胴斬り

あらすじ 時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 あ …

桂枝雀(二代目)住吉駕籠(住吉駕篭)

  あらすじ 住吉街道で駕籠屋が茶店の前で客に声をかけているある駕籠屋、相棒は新 …

■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

桂枝雀(二代目)こぶ弁慶

  『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 …

桂枝雀(二代目)スビバセンおじさん

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。 おじさんは雲を食べるとい …

■桂枝雀(二代目)青菜

青菜(あおな)は、古典落語の演目の一つ。上方・江戸とも同じ名である。 あらすじ …

■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

■桂枝雀(二代目)代書屋

    あらすじ 色街の箱屋に応募するので、履暦書の代書を頼みに来た男。長男かと …