【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)肝潰し(肝つぶし)

   

Sponsored Link

『肝つぶし』(きもつぶし)は、上方落語の演目の一つ。主な噺家は二代目桂ざこば、六代目三遊亭圓生などがいる。

あらすじ

ある男が病気で臥せっている。
その男の兄貴分が病床を訪れ容態を尋ねる。
実はその男、夢の中に現れた娘に恋煩い。
兄貴分、夢の中の娘ではしょうがない、とにかく元気を出すようと励まし、帰ろうとするところに医者が訪れる。
兄貴分が笑いながら恋煩いの話をすると、医者は深刻な表情で、
「この病は恐ろしく、亥の年、亥の日、亥の刻に生まれた人間の生き胆を薬として飲ませなければ死んでしまう」と告げる。
兄貴分、長屋に帰ると奉公に出ている妹が訪れている。
ひさしぶりに休みが取れたので、明日朝早く芝居見物にいくから今晩泊めてくれとのこと。
兄妹で酒を酌み交わし、妹の年齢を尋ねるとなんと亥の年、亥の日、亥の刻生まれ。
兄貴分は因縁を悟る。
もともとこの兄妹は両親に早く先立たれ、病の男の父に育てられたのである。
大恩ある義理の父もいまはこの世になく、恩を返すにはなんとしても病の男を治すしかない。
兄貴分は寝入った妹に包丁を突きつけるが、こぼした涙で妹は目覚めてしまう。
「ああ、肝がつぶれた」
「肝がつぶれた? もう薬にならない」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)開帳の雪隠

開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、明和9年(1 …

三遊亭圓生(六代目)長崎の赤飯(長崎の強飯:ながさきのこわめし)

おいおい、よしなよ。 ふッ、莫迦なことを言ってやがる。 そんなことが出来るんなら …

三遊亭圓生(六代目)真景累ヶ淵【完全版】

00:00:00 宗悦殺し 01:05:56 深見新五郎 02:04:38 豊志 …

三遊亭圓生(六代目)松葉屋瀬川(傾城瀬川)
■三遊亭圓生(六代目)なめる

なめるは、落語の演目の一つ。『今昔物語集』に原型がある艶笑噺。 別題は『重ね菊』 …

三遊亭圓生(六代目)紀州

https://youtu.be/jp3FgDF8CVE 紀州(きしゅう)は古典 …

三遊亭圓生(六代目)おさん茂兵衛

深川やぐら下は花柳界でも非常に勢いがあった。 そこから縮緬浴衣の揃いを深川仲町呉 …

三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが嫌いな人。ある時、風邪をひ …

三遊亭圓生(六代目)ちきり伊勢屋

易者の白井左近は易が上手く、知人の旗本中川右馬之丞の災難を予言して一命を助けたこ …

三遊亭圓生(六代目)田能久(たのきゅう)

六代目三遊亭円生の噺、「田能久」(たのきゅう)より 阿波(あわ)の国、徳島の在・ …