【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)肝潰し(肝つぶし)

   

Sponsored Link

『肝つぶし』(きもつぶし)は、上方落語の演目の一つ。主な噺家は二代目桂ざこば、六代目三遊亭圓生などがいる。

あらすじ

ある男が病気で臥せっている。
その男の兄貴分が病床を訪れ容態を尋ねる。
実はその男、夢の中に現れた娘に恋煩い。
兄貴分、夢の中の娘ではしょうがない、とにかく元気を出すようと励まし、帰ろうとするところに医者が訪れる。
兄貴分が笑いながら恋煩いの話をすると、医者は深刻な表情で、
「この病は恐ろしく、亥の年、亥の日、亥の刻に生まれた人間の生き胆を薬として飲ませなければ死んでしまう」と告げる。
兄貴分、長屋に帰ると奉公に出ている妹が訪れている。
ひさしぶりに休みが取れたので、明日朝早く芝居見物にいくから今晩泊めてくれとのこと。
兄妹で酒を酌み交わし、妹の年齢を尋ねるとなんと亥の年、亥の日、亥の刻生まれ。
兄貴分は因縁を悟る。
もともとこの兄妹は両親に早く先立たれ、病の男の父に育てられたのである。
大恩ある義理の父もいまはこの世になく、恩を返すにはなんとしても病の男を治すしかない。
兄貴分は寝入った妹に包丁を突きつけるが、こぼした涙で妹は目覚めてしまう。
「ああ、肝がつぶれた」
「肝がつぶれた? もう薬にならない」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)汲みたて

稽古事の師匠は若い女性に限ります。 暑いさなか当然男連中のお弟子さんが付きます。 …

■三遊亭圓生(六代目) 後家殺し

おかみさんが居ないのが好都合だと言い、男が聞き始めた。 表の伊勢屋の後家と常吉は …

三遊亭圓生(六代目)てれすこ
三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

三遊亭圓生(六代目)稲川(千両幟)

大阪の稲川という力士が東京に出てきて勝ち進んだが、どこからも贔屓の声が掛からなか …

三遊亭圓生(六代目) 初音の鼓

あらすじ さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度に殿に胡散臭いものを売りつける古 …

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

三遊亭圓生(六代目)掛取万歳(かけとりまんざい)

借金をかかえて困り果てた八五郎夫婦。「掛け取り」を追い払うために知恵をしぼった末 …

三遊亭圓生(六代目)がまの油(蝦蟇の油)

あらすじ 大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴 …

■三遊亭圓生(六代目) 雁風呂

水戸黄門様がわずか3人の供を連れて東海道を江戸から上ってきた。遠州掛川に着いた時 …