【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家小染(四代目) 禁酒関所(禁酒番屋)

   

Sponsored Link

 

禁酒番屋(きんしゅばんや)は古典落語の演目の一つ。元々は『禁酒関所』という上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。

主な演者には、5代目柳家小さんや8代目三笑亭可楽、5代目鈴々舎馬風、10代目柳家小三治、上方では4代目林家小染、6代目笑福亭松喬などがいる。

あらすじ

きっかけは、とある武家の家中の事件。
『月見の宴』というものの最中、泥酔した二人のお侍がチャンバラを始め、一人がもう片方をバッサリ。

斬った方はそのまま帰って酔いつぶれ寝込んでしまったが、翌朝目覚めて我に返るや、「主君に申し訳ない」とこちらも切腹をしてしまった。

その話を聞いた主君、「酒が災いしての無益な斬り合い、何とも嘆かわしい事じゃ。今後、わが藩では藩士が酒を飲む事を禁ずる。余も飲まぬからみなも飲むな」。

殿様自ら『余も飲まぬ』とのお達しがあれば、藩士一同否応なく禁酒するしかない。

こうして家中一党禁酒、となったが……何しろものが酒である。そう簡単にやめられるわけがない。なかなか禁令が行き届かず、隠れてチビリチビリやる者が続出。

また騒動になることを恐れた重役が会議をした結果、屋敷の門に番屋を設け、出入りの商人の持ち込む物まで厳しく取り締まる事になった。人呼んで「禁酒番屋」。

番屋ができてしばしのち……
家中の侍でも大酒飲みの筆頭である近藤、酒屋にやって来てグイッと一気に三升。『禁酒なんど糞くらえ』で、すっかりいい心持ち。

「いい酒であった。小屋でも飲みたいから、今晩中に一升届けてくれ」

つっと帰ってしまった。太い奴もいたものである。

もとより上得意、亭主も無下には断れないが、近藤の長屋は武家屋敷の門内、配達が露見すれば酒屋は営業停止もの。しかも入口には例の「禁酒番屋」が控えている。どうやれば突破できるのか……

亭主が頭を抱えていると、小僧の定吉、恐る恐る手を上げる。

「正直に酒徳利を持って関所を通ろうとしたら止められます。菓子屋の梅月堂で南蛮菓子のカステラを売り出したとか。そいつに見せかけたらどうです」

もとよりお菓子は御法度の外である。酒屋ではカステラを買ってきて中身を抜き、五合徳利を二本、菓子折りに詰めてきれいに包装する。定吉、菓子屋の小僧に衣装を借りて禁酒番屋へ……

「お頼み申します」

「通れ……そのほうは何じゃ?」

「向こう横丁の菓子屋です。近藤様に、カステラのお届け」

近藤は家中屈指のウワバミ、そこに菓子屋からカステラ……あ奴いつ甘党になった、おかしい、と指摘する番人もいたが、『進物の菓子』を止める理由もない。「よし、通れ」ということになった、ところまでは良かったが……

「有難うございます……ドッコイショ!」

「待てい!! 菓子折り一つで『どっこいしょ』とは何だ!?」

抗議の声も聞かばこそ、折りを改められて「この徳利は何じゃ?」。

「えー、それはその、先ごろ出ました、『水カステラ』という新製品で……」

「たわけたことを申すな! そこに控えおれ。中身を改める」

一升すっかり飲まれてしまった。

「かようなカステラがあるか。この偽り者!!」

飲まれて追い出され、見事に失敗。

カステラで失敗したので、今度は油だとごまかそうとしたが、これも失敗。

酒屋から酒を巻き上げた番屋の藩士、もとより酒は嫌いでない。「次はどうやって来るだろう」と待ち構えているから酷い話で……

酒屋の逆襲
都合二升もただでのまれ、酒屋の一同は怒り心頭に発した。

店の若い衆、

「この際突破は諦めて、仕返ししてやりましょうや」

「どうする」

「番屋の連中に小便を飲ませます」

「小便?飲むか!?」

「初めから『小便です』と言えばいい。嘘はついてないでしょう」

話は決まった。店の一同、大徳利を取り囲んでジャァジャァ……

「お頼み申します!」

「とォ~れェィ!」

番人たち、もうベロベロに酔っていて、何を言っているんだがわからない。

「向こう横丁の植木屋でございます、近藤様が植木の肥やしにする……との事で、『小便』のご注文で……」

内心『また呑める!』とほくそ笑む番人、「馬鹿ァ!! 出せ!!」と徳利を供出させる。

「おお、これはまた、ヒック……ぬる燗がついておるな……まったくけしからん……小便などと偽って……」

徳利の中身を湯飲みに注ぐ。

「……だいぶ黄色い……古酒だな。それも、またよし……まったく、けしからんな……」

おもむろに一口……ぶーっと吹き出す。

「ウグッ!? これは小便ではないか! 何とけしからん奴だ!! かような物を持参しおって!」

「ですから、初めに小便と申し上げました」

「うーん……あの、こんな……正直者めが」

攻防戦の演出
「酒を売りたい」と思う『酒屋』と、「何とか阻止したい(表向き)」「役目と称して酒が飲みたい(本心)」と思う『禁酒番屋』……。この両者の攻防を、いろいろな噺家が面白おかしく演出してきた。

例えば、「手代が思わず『ドッコイショ』と言ってしまい、怪しまれてしまう」演出は5代目柳家小さんが採用したもの。

また、以前は『小石川新坂の安藤という旗本屋敷』と限定されていた「禁酒する藩」を、ぼやかして演じたのも五代目の演出である。

[出典:wikipedia]

プルフィール

4代目 林家 小染(1947年6月11日 – 1984年1月31日)は、大阪府大阪市出身の上方噺家。
本名: 山田 昇(やまだ のぼる)。出囃子は『たぬき』。

来歴・人物
大阪市立天王寺第二商業高等学校を2年を持たずして中退。笑福亭鶴光とは同級であり、ともに演劇部に籍を置いていた。

1964年11月、高校1年の時に実家の近所に3代目林家染丸が住んでいたために頼み込んで弟子入りし、4代目林家小染を名乗る。

翌年春、京都花月で初高座。

当初、毎日放送の番組『ヤングおー!おー!』で結成された、若手落語家ユニット「ザ・パンダ」(小染、月亭八方、桂きん枝、桂文珍)の一員として、マスコミに登場。

その愛嬌ある個性により、多くのレギュラー番組でお茶の間の人気を博す。

その後1979年より積極的に独演会を開催、タレント活動より落語活動に比重を置くようになり林家染丸一門がやらないような大ネタを下ろした。

本業の落語も、若くして本格派で『堀川』『景清』『らくだ』『猿後家』『鍬潟』『禁酒関所』『三十石』などを十八番としていた。染丸の名跡を継ぐべく将来を嘱望された。

酒豪としても知られ、楽屋で休息している大先輩で厳格であった人生幸朗に対して、酔っ払っていた小染は「オイ、オッサン、こんなとこで何寝てんねん」と一喝し足蹴りし周囲を凍りつかせた、という逸話も持つ。

また6代目笑福亭松鶴に対しても酔った勢いで罵倒したり、2代目桂春蝶、2代目桂枝雀と3人で呑んだ時も揉めたこともあった。

ほかにも電柱に上ったり、自宅の押し入れで用を足したり、舞台に酔って上がったり、劇場でそのまま酔って寝泊りした事もあった。

レギュラーとして出演していたラジオ番組にも、酒気を帯びてくることがあった、と当時その番組で小染と共にDJを務めていた桶村久美子が述べている。

また、年がら年中同じ着物で風呂にも入らないという生活であった。風呂に入らないのをよく「風呂に入ると風邪を引く」と言って拒んでいた。

相撲が好きでよく大阪場所の最中になんば花月の楽屋に訪れた力士と仲良くなりタニマチになったり懸賞金を出したりするなど交流もあった。

1984年1月29日、大阪府箕面市の飲食店で酒を飲んだ後に酔った勢いで発作的に外へ出て国道171号線へ飛び出し、走ってきたトラックに轢かれてしまう。

生前親しかった笑福亭鶴瓶によると、酒に酔った小染が「トラックと相撲を取る」といって車道に飛び出して事故になったとコメントしていた。

この時の交通事故が致命傷となり、翌々日に36歳で亡くなった(『笑いの文化人講座』に、詳細が投稿されている)。

無類の酒好きがそのまま命取りとなった格好であった。法名は「淨樂院釋染華」。通夜では当時破門されていた桂きん枝が泣きながら参列し、6代目笑福亭松鶴はその姿を見て3代目桂小文枝(のちの5代目桂文枝)にきん枝を許すように諭し、その結果きん枝は破門も解かれ、落語会復帰もかなったという。

また、告別式では笑福亭仁鶴らが弔辞を読み上げ、「ザ・パンダ」の当時一員であった桂文珍は大号泣した。

2009年に、DVD+CDボックスが発売された。

2010年の命日の1月31日には京橋花月で27回忌追善落語会を開催、ゆかりの噺家が多数出演した。『鍬潟』の映像を流した。

[出典:wikipedia]

Sponsored Link

 - 林家小染(四代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした