【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂文治(九代目)紀州

   

Sponsored Link

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。原話は、松浦静山が文政4年(1821年)に出版した随筆・『甲子夜話』の「第十七巻」。
主な演者には、六代目三遊亭圓生五代目古今亭志ん生などがいる。

あらすじ

七代将軍・徳川家継が幼くして急死し、急遽、次代の将軍を決めなければならなくなった。
その候補として上がったのは、尾州侯・徳川継友と紀州侯・徳川吉宗の二人。勢力は拮抗していて、とうとう幕閣の評定で次代を決めることになった。
さて、その最終日・大評定の朝…尾州侯が駕籠で登城する途中、遠くから鍛冶屋が槌を打つ音が聞こえてきた。

「トンテンカン、トンテンカン」

尾州侯の耳には、その音が『テンカトル、テンカトル』と聞こえる。「これは瑞兆である」と大喜びの尾州侯。大評定の席では、少しでも貫禄を出そうとこんな事をいってみる。

「余は徳薄く、将軍の任ではない」

すぐ飛びついてはあまりに露骨なので、一度辞退してみせ、周りの者に無理やり薦められる形で「嫌々ながら」引き受けるというセコイ算段。
ところが、ライバルの紀州侯も、質問されると「余は徳薄くして…」とまったく同じことを言う。『どうなっているのか?』と、尾州侯が首を傾げた、そのとき…!

「しかしながら…かほどまでに乞われて固持するのは、御三家の身として責任上心苦しい。しからば天下万人のため…」

自分が言うつもりだった台詞をそっくりそのまま使われ、あえなくその場で次期将軍は紀州侯に決まってしまった。
意気消沈の尾州侯。帰りに同じ所を通りかかると、また鍛冶屋が槌を打つ音が聞こえてきた。

「テンカトル、テンカトル…」

「なるほど。紀州の奴、あそこで一度引き受けておいて、後になって『私の分ではない』と余に引き受けさせようとする算段だな…」

そう思い、ほくそ笑む尾州侯。ところが、親方が焼けた鉄に水をさすと…。

「キィ シューゥ!」

Sponsored Link

 - 桂文治(九代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目) 俳優の命日(今戸焼改作)
桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)岸さん

プロフィール 9代目桂 文治(かつら ぶんじ、1892年9月7日 – …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)宇治大納言

歌舞伎のルーツは、出雲阿国(いずものおくに 1572~没年不明)とされています。 …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目) 小粒

ある小さい男が大きくなりたい一心で芝山の仁王尊に願掛けに行く。 すると、仁王さま …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目) 六尺棒

大店の若旦那の孝太郎は大の道楽者。今夜も遊んで帰ると戸が閉まっている。 戸を叩い …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)皿屋敷(お菊の皿)

旅先で皿屋敷のことを聞かれ、知らずに恥をかいた若者。隠居に聞くとまさに町内にあり …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)現代の穴

日本は落語があるからどうにかこうにか守ってんですよ。ええ、もう、落語がなけりゃ­ …

桂文治(九代目)bunji
桂文治(九代目)大蔵次官

1964年11月10日録音 どこでどんな吉運が待ち受けているか分からない。掛け持 …