【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■柳家小三治(十代目)小言念仏【十八番!!】

   

Sponsored Link

小言念仏(こごとねんぶつ)は落語の噺の一つ。
上方落語では「世帯念仏」とも呼ばれ、3代目桂米朝が得意とする。
東京では3代目三遊亭金馬が得意としていた。
10代目柳家小三治の十八番

あらすじ

念仏と、その合間に怒鳴ったりする小言だけで、周囲の情景が完璧に浮かんでくるよう演じなければならない難しい噺。

扇子で床を一定のリズムで叩き、木魚を叩いているつもりになって演ずる。

読経中、ふと仏壇に目が行く。掃除しとくようおばあさんに説教する。

時計を見たのだろうか、子供を起こして学校に行かせるよう怒鳴る。

やかんのお湯が沸騰する。

ご飯が焦げ付いてしまい、その香りが漂ってくる。

赤ん坊が這い出してくる。念仏の間に「バァ」とあやしていると何だか様子が変、家族に持ち上げさせるとなんとお漏らしをしていた。

表をどじょう屋が通る。家族に呼ばせる、その声が小さいのでお経の合間に自分で「どじょう屋ァ!!」

とうとう読経が混乱してしまい、表に「南無阿弥陀!」と怒鳴ってしまい仏壇に

「どじょう屋・・・あれ?」念仏を唱えながらどじょうの調理方法を指示。

「暴れないように鍋にしっかり蓋をしておけ」

とうとうしまいには
「なに、どじょうがみんな仰向けになって死んだ?へへ…ざまあみやがれ!」

という仏様の前で殺生の禁もあったものではないということに…

Sponsored Link

 - 柳家小三治(十代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小三治(十代目)ろくろ首(ろくろっ首)

あらすじ 与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお …

柳家小三治(十代目) 棒鱈

棒鱈(ぼうだら)は、古典落語の演目のひとつ。 演題にもなった「棒鱈」とは、本来は …

■柳家小三治(十代目)金明竹(きんめいちく)

あらすじ 店番をしていた小僧が知らない人に傘を貸したので主が注意をする。 貸し傘 …

柳家小三治(十代目)二人旅(ににんたび)

あらすじ 春先、お伊勢詣りに出かけた二人。 一人が遅れがち、聴くと、疲れて腹が減 …

柳家小三治(十代目) 不動坊火焔

もとは上方落語で三代目柳家小さんが東京落語に移植した作品。 「不動坊火焔」という …

■柳家小三治(十代目) 三軒長屋
柳家小三治(十代目) 夜叉

滅多に聴けない貴重な音源です 昭和55年9月10日、NHKのスタジオで録音された …

■柳家小三治(十代目) もぐら泥

あらすじ 大晦日だというのに、女房がむだ遣いしてしまい、やりくりに困っているだん …

柳家小三治(十代目)湯屋番

湯屋番は、江戸時代から続く古い話で、明治の大看板、初代三遊亭圓遊が得意としていた …

柳家小三治(十代目)死神