【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)子ほめ

   

Sponsored Link

子ほめは古典落語の演目の一つ。別題は『赤子褒め』。

原話は寛永五年、安楽庵策伝著の『醒睡笑』・巻一中の『鈍副子第十一話』。元々は上方落語の演目で、3代目三遊亭圓馬によって東京落語に持ち込まれた。

醒睡笑 上 (岩波文庫 黄 247-1)

安楽庵 策伝,鈴木 棠三 岩波書店 1986-07-16
売り上げランキング : 491380

by ヨメレバ

いわゆる前座噺に数えられるが、上方では3代目桂春團治、東京では8代目春風亭柳枝の十八番としても知られる。

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)歳暮回し(歳暮廻し)
三遊亭金馬(三代目)山崎屋

山崎屋の若旦那が、通い番頭に、帳簿をごまかして百両貸してくれと頼むが、転んだら石 …

三遊亭金馬(三代目)初夢
三遊亭金馬(三代目)唐茄子屋政談
三遊亭金馬(三代目)付き馬
三遊亭金馬(三代目)長屋の花見(貧乏花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

三遊亭金馬(三代目)真田小僧

真田小僧(上・下) 親父が小遣いをくれないので 「よそのおじさんが訪ねて来た話を …

三遊亭金馬(三代目)道灌

聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生(五代目)道灌

三遊亭金馬(三代目)夢金

山谷堀の吉田屋という船宿。 そこの船頭・熊五郎は、このところ毎晩のように超現実的 …

三遊亭金馬(三代目)浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。 原 …