【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭柳枝(八代目)子ほめ

      2018/07/06

Sponsored Link

プロフィール

8代目春風亭 柳枝(しゅんぷうてい りゅうし、1905年12月15日 – 1959年10月8日)は、戦後活躍した東京の落語家。
本名は島田勝巳。出囃子は『三下りカッコ』。

来歴・人物

東京生まれ。音曲師である4代目柳家枝太郎の子。
温厚篤実な性格で、何を言われても「結構です。」と言うので「お結構の勝っちゃん」と呼ばれた。
客に対しても丁寧な物腰で語る芸風に人気があった。
ただ、それは平時のときであり、酒が入ると一変。
酔うと(酒が入っていない時の物腰の柔らかさとは裏腹に)人格が変わって荒れるのが欠点だったと言う。
入門から睦会所属だった。睦会解散後、落語協会に入会した。(春風亭小柳枝襲名をめぐるいざこざで、日本芸術協会(会長柳橋・三木助師弟)とのわだかまりがあった)。
若いころに、当時の人気若手5人で「五大力」という会を結成していた。

略歴

1921年 – 3月、4代目春風亭柳枝(当時は華柳)に入門、枝女太(しめた)と名乗る。
1922年 – 5月、同名で二つ目に昇進。
1923年 – 1月、睦ノ太郎と改名。
1925年 – 4月、8代目春風亭柏枝として真打昇進。
1932年 – 春風亭小柳枝を襲名するはずが、断念させられる。
1934年 – 11月、柳亭芝楽に改名。
1943年 – 3月、8代目春風亭柳枝を襲名。
1959年 – 9月23日、ラジオ公開録音で『お血脈』を口演中に脳出血で倒れ、10月8日日比谷病院にて死去。
奇しくも師匠4代目柳枝もNHKのラジオ口演中に脳卒中で倒れていた。また、実父の柳家枝太郎も脳溢血で倒れていた。

得意ネタ

子ほめ
高砂や
ずっこけ
王子の狐
野ざらし
宗論
甲府い
熊の皮
のめる
花筏
宮戸川
花色木綿

Sponsored Link

 - 春風亭柳枝(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) 喜撰小僧(きせんこぞう)

Sponsored Link あらすじ ある大店で、主人の浮気を疑う家内に命じら …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) ずっこけ

Sponsored Link あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔 …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) 熊の皮

. 小咄から発展したものであり、江戸期の文献では、 1773年(安永2年)に出版 …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) 節分

Sponsored Link 坊主も走る大晦日、借金取りからいかに逃れるか?あの …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) 花色木綿(出来心)

Sponsored Link

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目)野ざらし(野晒し)
春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目)元犬

あらすじ 浅草蔵前の八幡さまの境内に、珍しい純白の戌が迷い込んだ。 近所の人が珍 …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目)王子の狐

王子の狐(おうじのきつね)は、落語の噺の一つ。初代三遊亭圓右が上方噺の高倉狐を東 …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) 五月幟(ごがつのぼり)

聴き比べ 柳家小袁治 五月幟  ぐうたらで酒飲みの熊公のことを案じたのが、おじで …

春風亭柳枝(八代目)syunputeiryusi
春風亭柳枝(八代目) 金明竹

Sponsored Link