【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

      2019/06/09

Sponsored Link

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。
紹介状を持って笊屋へ向かった男は、さっそく仕事を言いつけられる。

うちの笊は、後ろから叩いても壊れないことをウリにして売っておいで、目の前で後ろから叩けばいい。

そう教えられ、大小の笊を担いで「米をあげる笊~」と声を張り上げ、かなり遠くまで売り歩いていたら、米の本場である、とある町にやってきた。

商売ごとは「あがる」「あげる」という、上向きの言葉が好まれていたので、
「こーめーをーあーげーるー」という売り子の男の言葉に、ある米問屋の主人がほれ込み、
「あの笊屋の笊、全部買ってやるから連れて来い」と言い出した。

何事もあがるというものが好まれる商売なので「米を揚げる」と聞けば祝儀が貰え、
「笊を座敷に全部上げる」と言えば祝儀が倍になった。

「兄弟は上に姉と兄がいるだけ」と聞けば、もっと小遣いをやろう、
姉様は「京都の上の屋敷の上の女中をしている」と聞けば主人は更に興奮して、
「サイフごとくれてやる」と、とどまることを知らない。

「そんなにたくさんの祝儀をくれていたんでは店が崩れてしまいます」

番頭さんが、主人に言ったところ…

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の五郎 …

桂枝雀(二代目)くやみ

いろんなあいさつのなかで、いちはん難しいのが、「くやみ」やそうですな。 今の人、 …

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

あらすじ 屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ …

■桂枝雀(二代目)幽霊の辻

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。落語作家の小佐田定雄が197 …

桂枝雀(二代目)道具屋

道具屋(どうぐや)は古典落語の演目の一つ。 古くからある小咄を集めて、一席の落語 …

■桂枝雀(二代目)宿替え(粗忽の釘)

『宿替え』(やどがえ)は、上方落語の演目の一つ。江戸落語では『粗忽の釘』(そこつ …

桂枝雀(二代目)産湯狐

  しばらくのあいだ、お付き合いを願うのであります。「狐・狸は人を化かす」といぅ …

桂枝雀(二代目)煮売屋
桂枝雀(二代目)次の御用日

次の御用日(つぎのごようび)は上方落語の演目の一つ。 江戸落語では「しゃっくり政 …