【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

      2019/06/09

Sponsored Link

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。
紹介状を持って笊屋へ向かった男は、さっそく仕事を言いつけられる。

うちの笊は、後ろから叩いても壊れないことをウリにして売っておいで、目の前で後ろから叩けばいい。

そう教えられ、大小の笊を担いで「米をあげる笊~」と声を張り上げ、かなり遠くまで売り歩いていたら、米の本場である、とある町にやってきた。

商売ごとは「あがる」「あげる」という、上向きの言葉が好まれていたので、
「こーめーをーあーげーるー」という売り子の男の言葉に、ある米問屋の主人がほれ込み、
「あの笊屋の笊、全部買ってやるから連れて来い」と言い出した。

何事もあがるというものが好まれる商売なので「米を揚げる」と聞けば祝儀が貰え、
「笊を座敷に全部上げる」と言えば祝儀が倍になった。

「兄弟は上に姉と兄がいるだけ」と聞けば、もっと小遣いをやろう、
姉様は「京都の上の屋敷の上の女中をしている」と聞けば主人は更に興奮して、
「サイフごとくれてやる」と、とどまることを知らない。

「そんなにたくさんの祝儀をくれていたんでは店が崩れてしまいます」

番頭さんが、主人に言ったところ…

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)次の御用日

次の御用日(つぎのごようび)は上方落語の演目の一つ。 江戸落語では「しゃっくり政 …

■桂枝雀(二代目)高津の富(宿屋の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

桂枝雀(二代目)一人酒盛り

あらすじ 引越ししたばかりの男の家に友人が遊びに来る。 男は酒でも用意するからゆ …

■桂枝雀(二代目)口入屋

  口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で …

■桂枝雀(二代目)貧乏花見(長屋の花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

桂枝雀(二代目)はてなの茶碗(茶金)

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。東京では「茶金」の名で …

桂枝雀(二代目)地獄八景亡者戯

『地獄八景亡者戯』(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)は、上方落語の演目の一つで …

■桂枝雀(二代目)上燗屋

あらすじ 「おやっさん。一杯何ぼやねん、一杯十銭?一杯もらおか」 「ありがとうご …

■桂枝雀(二代目)仔猫

あらすじ おなべという女子衆(下女)が勤めにやってくる。器量は良くないのだが働き …

桂枝雀(二代目)うなぎや

あらすじ 新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともでき …