【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

      2018/12/24

Sponsored Link

sanninrakugo

昭和41年(1966)年
柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治(26歳 後の小三治)

落語には、リレー落語と云って落語会などである程度の時間が取れる場合は、前半と後半を別の噺家が演じたりします。
それとは別に、これは完全な余興であって滅多にやる事はありませんが、一人で複数の人間を語るのが落語なのに、同時に複数の噺家が高座に上がり、それぞれの役柄で語ると云う、落語とはまったくコンセプトの違うお遊びをやったりする事もあります。
[出典:http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64389194.html]

[落語でブッダ2-収録]

Sponsored Link

 - 立川談志, 柳家小さん(五代目), 柳家小三治(十代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小三治(十代目)死神
■柳家小さん(五代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

■柳家小さん(五代目) にらみ返し(睨み返し)

にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777 …

■柳家小さん(五代目)富久
立川談志 恋根問

女にもてない男が、モテるための条件をご隠居から指南される 「一見栄(服装・身なり …

立川談志/居残り佐平次
立川談志/短命(長命)

あらすじ 大店の伊勢屋の養子が、来る者来る者たて続けに一年ももたずに死ぬ。 今度 …

柳家小三治(十代目)時そば(時蕎麦)

あらすじ 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでい …

立川談志 夢金

金のことばかり考えている船頭の熊蔵。雪のしんしんと降る晩、船宿の二階で「金が欲し …

立川談志/三方一両損

左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以 …