【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

      2018/12/24

Sponsored Link

sanninrakugo

昭和41年(1966)年
柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治(26歳 後の小三治)

落語には、リレー落語と云って落語会などである程度の時間が取れる場合は、前半と後半を別の噺家が演じたりします。
それとは別に、これは完全な余興であって滅多にやる事はありませんが、一人で複数の人間を語るのが落語なのに、同時に複数の噺家が高座に上がり、それぞれの役柄で語ると云う、落語とはまったくコンセプトの違うお遊びをやったりする事もあります。
[出典:http://blogs.yahoo.co.jp/yacup/64389194.html]

[落語でブッダ2-収録]

Sponsored Link

 - 立川談志, 柳家小さん(五代目), 柳家小三治(十代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小さん(五代目) 湯屋番

道楽の末、勘当中の若だんな、出入りの大工・熊五郎宅の二階に居候の身。 お決まりで …

立川談志 子猿七之助

あらすじ すばしっこいので、小猿と呼ばれた「七之助」と、浅草広小路”滝之屋”の芸 …

柳家小三治(十代目)時そば(時蕎麦)

あらすじ 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでい …

柳家小さん(五代目) 看板のピン
■柳家小三治(十代目) 長者番付(うんつく酒)

あらすじ 江戸から遊山旅に出た二人連れ、村の茶店で飲んだ酒が、村を出ると酔いが醒 …

柳家小さん(五代目)へっつい幽霊

あらすじ 売ったへっついから幽霊が出ると言う噂に困った道具屋が、1両付けて熊五郎 …

■立川談志 粗忽長屋

⇒★聴き比べ

柳家小三治(十代目)湯屋番

湯屋番は、江戸時代から続く古い話で、明治の大看板、初代三遊亭圓遊が得意としていた …

立川談志 西鶴一代記

談志師匠の「ひとり会CD」に入っていた噺で、これも「地噺」ですね。 要するに、ス …

■柳家小三治(十代目) 蛙茶番(かわずちゃばん)

蛙茶番(かわずちゃばん)は、古典落語の演目の一つ。元々、『五段目』という長編落語 …