【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)孝行糖

   

Sponsored Link


昭和36年(1961年)録音 11’50” Ver.

馬鹿だが、母親を大事にする与太郎が、徳を認められてお奉行様からご褒美をもらった。
放っといたらすぐに使っちまうからと、町内の人が飴屋の派手な衣装と綺麗な道具をそろえて与太郎に与えた。

「孝行糖、孝行糖、孝行糖の本来は、粳の小米に寒晒し…………チャンチキテン、スケテンテン」の売り口上を教えると、馬鹿の一つ覚えで、毎日結構な売上をあげていた。

ある日、江戸市中で一番厳しい水戸様の御門前で「孝行糖、孝行糖」と始めたものだから、
「御門前によって鳴り物はあいならぬ」と「チャンチキチン」、「ならぬ」ほい「スケテンテン」、「こら」よっと「テンドコドン」と注意されても鳴り物で合の手を入れる始末。

揚げ句に六尺棒で叩かれ、あわや打ち首というところを、通りがかりの人が、事情を説明し、どうにか御赦免になった。
「可哀想に、与太郎、どこを打たれた」
「こうこうとう、こうこうとう」
[出典:落語400文字ストーリー]
http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目) 堪忍袋

原作者は、三井財閥の一族である劇作家・評論家の益田太郎冠者。 主な演者として、東 …

三遊亭金馬(三代目)夢金

山谷堀の吉田屋という船宿。 そこの船頭・熊五郎は、このところ毎晩のように超現実的 …

三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目)万病円(まんびょうえん)

1961.3.1音源 侍が湯船で褌を洗っていると、客から番台に苦情があがる。 侍 …

三遊亭金馬(三代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭金馬(三代目)花見の仇討

あらすじ 花見の嗜好で仇討ちの芝居をやって受けようじゃねえか、筋書きはこうだ。 …

三遊亭金馬(三代目)嘘つき村

  「神田の千三ツ」(かんだんのせんみつ)と異名を取る、うそつき男。 …

三遊亭金馬(三代目) 転宅

転宅(てんたく)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天明8年(1703年)に出版さ …

三遊亭金馬(三代目)雑俳

あらすじ 長屋の八五郎が、横町の隠居の所に遊びに行くと、このごろ雑俳に凝っている …

三遊亭金馬(三代目)高野違い