【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝/強飯の遊び

      2020/02/01

Sponsored Link

あらすじ

熊が甚兵衛さんに起こされる。
隠居の弔いを手伝いに来て、土瓶に入った酒を三つばかり飲んで寝込んでしまったのだ。
みんな帰ったので、同町内の熊を誘って帰ろうとしたという。
いただいたお強を背中に隠して帰途につく。

いい天気で大勢の人が来て、いいお弔いだったとはながらの帰り道、天国の話になり、熊は楽しいことをするのが極楽なので、吉原へ行こうと甚兵衛さんを誘う。
甚兵衛さんは女房子供にいい思いをさせてやれと諭して帰ってしまう。
ふてくされて一人吉原へ行くことにする。
呼ぶ者がいる。紙くず屋の丞公だ。婚礼の帰りだという。

自分は親方から銭を借りて、たっぷりとあるので、一緒に行かないかと誘うが、紙くず屋は銭がないという。
聞けば三銭しか持ってない。
残りは立て替えてやることにして一緒に行くことにする。

途中、紙くず屋が背中を叩いたので、隠していたお強のがんもどきのお汁が全部出て、ふんどしの所までたれて気持ちが悪い。
吉原に到着、ある店の若い衆から声をかけられる。

「お手軽に」と言われて、熊五朗は気分を害して、金を持っているんだと啖呵を切る。
弔いの帰りだというと若い衆が「はかがいく」との返事に気分をよくして、強飯を若い衆にやる。

「ありがとうございます。なんですか、ひのだとがんもどきのお汁が、たいそう少ないようですな」
「そうだ少ないんだ、そら。それ、はじめはたっぷりあったんだよ。それには訳があるの。俺が背中にしょって歩いてたら、こいつが後ろから、ど~んとどやしやがって、つゆがみんな、だ~っと出ちゃってね、今、お汁がね、俺の腹巻きからふんどしにかけて、びっしょり染みこんでんだよ。汁はこっちにあるんだ、こっちに。おめえ、汁ほしいか?欲しかったら、がんもどき出せ。」

「ふんどしの搾ってかけてやる」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝 芝浜

志ん朝のハッピーエンド芝浜 どのCDを聴いても外れがない古今亭志ん朝。この芝浜も …

古今亭志ん朝 ぞろぞろ

浅草田んぼの真ん中に、太郎稲荷という小さな社があった。 今ではすっかり荒れ果てて …

古今亭志ん朝/今戸の狐

★聴き比べ⇒志ん生 今戸の狐 ⇒十代目馬生 今戸の狐 あらすじ 江戸の中橋に名人 …

古今亭志ん朝 浜野矩隨

★聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生 浜野矩隨

古今亭志ん朝 柳田格之進

あらすじ 彦根の城主井伊氏のご家来で柳田格之進という文武両道に優れ品性正しく潔癖 …

古今亭志ん朝 首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

古今亭志ん朝/三年目

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。 4代橘家圓喬(たちばな …

古今亭志ん朝 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間のこと。 名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので …

古今亭志ん朝/甲府い

あらすじ 「ひもじさと寒さと恋と比ぶれば恥ずかしながらひもじさが先」と言いますが …

古今亭志ん朝 火事息子

田三河町の質屋の近くで火事が出た。火はは下火だが、蔵の目塗りをしていない。 職業 …