【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝/強飯の遊び

      2020/02/01

Sponsored Link

あらすじ

熊が甚兵衛さんに起こされる。
隠居の弔いを手伝いに来て、土瓶に入った酒を三つばかり飲んで寝込んでしまったのだ。
みんな帰ったので、同町内の熊を誘って帰ろうとしたという。
いただいたお強を背中に隠して帰途につく。

いい天気で大勢の人が来て、いいお弔いだったとはながらの帰り道、天国の話になり、熊は楽しいことをするのが極楽なので、吉原へ行こうと甚兵衛さんを誘う。
甚兵衛さんは女房子供にいい思いをさせてやれと諭して帰ってしまう。
ふてくされて一人吉原へ行くことにする。
呼ぶ者がいる。紙くず屋の丞公だ。婚礼の帰りだという。

自分は親方から銭を借りて、たっぷりとあるので、一緒に行かないかと誘うが、紙くず屋は銭がないという。
聞けば三銭しか持ってない。
残りは立て替えてやることにして一緒に行くことにする。

途中、紙くず屋が背中を叩いたので、隠していたお強のがんもどきのお汁が全部出て、ふんどしの所までたれて気持ちが悪い。
吉原に到着、ある店の若い衆から声をかけられる。

「お手軽に」と言われて、熊五朗は気分を害して、金を持っているんだと啖呵を切る。
弔いの帰りだというと若い衆が「はかがいく」との返事に気分をよくして、強飯を若い衆にやる。

「ありがとうございます。なんですか、ひのだとがんもどきのお汁が、たいそう少ないようですな」
「そうだ少ないんだ、そら。それ、はじめはたっぷりあったんだよ。それには訳があるの。俺が背中にしょって歩いてたら、こいつが後ろから、ど~んとどやしやがって、つゆがみんな、だ~っと出ちゃってね、今、お汁がね、俺の腹巻きからふんどしにかけて、びっしょり染みこんでんだよ。汁はこっちにあるんだ、こっちに。おめえ、汁ほしいか?欲しかったら、がんもどき出せ。」

「ふんどしの搾ってかけてやる」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝/火焔太鼓

江戸時代から伝わる小さな噺を、明治末期に初代三遊亭遊三が少し膨らませて演じた。こ …

古今亭志ん朝/高田馬場

浅草観音の境内で、がまの油売りをする姉弟。客寄せの口上を述べている。 「さぁ~て …

古今亭志ん朝/唐茄子屋政談

唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋 …

古今亭志ん朝/搗屋幸兵衛(つきやこうべい)

町内を小言を言いながら一回りして帰ってきた。 犬に小言を言って、天気にまで小言を …

古今亭志ん朝/刀屋(おせつ徳三郎)

あらすじ 日本橋横山町の大店の娘おせつ。 評判の器量よしなので、今まで星の数ほど …

古今亭志ん朝/御慶(ぎょけい)

富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五 …

古今亭志ん朝/柳田格之進

あらすじ 彦根の城主井伊氏のご家来で柳田格之進という文武両道に優れ品性正しく潔癖 …

古今亭志ん朝/締め込み

締め込み(しめこみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享和2年(1802年)に出 …

古今亭志ん朝/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

■古今亭志ん朝/引越しの夢(口入屋)

口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で演じ …