【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

   

Sponsored Link


首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。
原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本・「軽口五色帋」の一遍である『盗人の頓智』。
近年の主な演者には、4代目橘家圓蔵6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵) 菊模様皿山奇談(壱)~親子地蔵の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵) 鰍沢雪の夜噺(かじかざわ)

身延詣りの旅人が路銀目当てのお熊に撃ち殺されそうになるが、間一髪,鰍沢のお材木に …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵) めだか

高知の須崎の港、廻船問屋の大黒屋満七は大変人がよく仏の満さん呼ばれていた。子供が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵) 菊模様皿山奇談(弐)~楼門の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
■林家彦六(八代目 林家正蔵) 死ぬなら今

あらすじ しわいやのケチ兵衛という男、爪に灯をともすようにして金を貯め込んできた …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
■林家彦六(八代目 林家正蔵) 戸田の渡し(お紺殺し)
林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
■林家彦六(八代目 林家正蔵) 五月雨坊主

神田・橋本町に願人坊主が多く住んでいた。 文政6年、江戸も爛熟していたが、五月雨 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵) 頭山(あたま山・さくらんぼ)

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
■林家彦六(八代目 林家正蔵) 中村仲蔵

あらすじ 明和3年(1766年)のこと。 苦労の末、名題(なだい)に昇進にした中 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou
林家彦六(八代目 林家正蔵) 笠と赤い風車

浅草馬道にお豆腐屋さんの嘉吉(かきち)という店があった。夫婦の間に男の子が産まれ …