【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目)首ったけ

      2020/11/08

Sponsored Link

原話は複数ある。
米沢彦八による江戸中期の噺本(はなしぼん)『軽口大矢数』より、『はす池にはまったしゃれ者』
初代談語楼(立川) 銀馬作、噺本『富久喜多留』(ふくきたる)中の『迯そこない』(にげそこない)など。
円歌自身も「普段やらない噺を申し上げます」と語っているように、この噺のやり手はあまりいない。

★聴き比べ
 ⇒ 古今亭志ん生(五代目) 首ったけ
 ⇒ 桃月庵白酒 首ったけ
 ⇒ 古今亭志ん朝 首ったけ

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目)社長の電話

鈴木みちを作 電話シリーズ・社長シリーズのひとつ 社長は部下を使って今夜は帰宅で …

三遊亭円歌(二代目) 巻き返し

長崎抜天作

三遊亭円歌(二代目)染色(染め色)

一言メモ 東京オリンピック開催の年:1964年(昭和39年)2月22日録音(歴史 …

三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

あらすじ 九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落とした …

三遊亭円歌(二代目) 西行

関西の摂津・河内・和泉から千人の美女を選び出して、その中から100人選び、その中 …

三遊亭円歌(二代目) 夢の富
三遊亭円歌(二代目)なめる
三遊亭円歌(二代目) 馬大屋

あらすじ 大家・馬場進さんの長屋に借り手がやって来た。 大家は大の馬好きだから、 …

三遊亭円歌(二代目) 香典返し

大野桂作。原題は『息子の脛』(むすこのすね) マクラの艶笑噺は『縁の下の間男』

三遊亭円歌(二代目)木炭車