【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

橘家圓蔵(八代目)蜘蛛駕籠(蜘蛛駕篭)くもかご

   

Sponsored Link

あらすじ

鈴が森で客待ちをしている駕籠(かご) 屋の二人組。

ところが、昨日ここに流れてきた前棒がおめでたい野郎で、相棒がトイレに行っている間に、ほんの数メートル先から、塵取りを持って
ゴミ捨てに来た茶店のおやじをつかまえて
「だんな、へい駕籠」

屁で死んだ亡者のように付きまとい、むりやり駕籠に乗せようとして
「まごまごしてやがると、二度とここで商売させねえからそう思え」
とどなられて、さんざん。

次に来たのが身分のありそうな侍で、「ああ駕籠屋、お駕籠が二丁じゃ」
「へい、ありがとう存じます」

前の駕籠がお姫さま、後ろがお乳母殿、両掛けが二丁、お供まわりが四、五人付き添って、と言うから、てっきり上客と、喜び勇んで仲間を呼びに行きかけたら
「そのような駕籠が通らなかったか」

またギャフン。

その次は酔っぱらい。

女と茶屋に上がり、銚子十五本空にして、肴の残りを竹の皮に包んで持ってきたことや、女房のノロケをえんえんと繰り返し、おまけにいちいち包みを懐から
出して開いてみせるので、駕籠屋は閉口。

やっと開放されたと思うと、今度は金を持っていそうなだんなが呼び止めるので、二人は一安心。

酒手もなにもひっくるめて
二分で折り合いがつき、天保銭一枚別にくれて、出発前にこれで一杯やってこいといってくれたので、駕籠屋が大喜びで姿を消したすきに、なんともう一人が現れて、一丁の駕籠に二人が乗り込んだ。

この二人、江戸に帰るのに話をしながら行きたいが、歩くのは面倒
と、駕籠屋をペテンに掛けた
というわけ。

帰ってきた駕籠屋、やせただんなと見えたのにいやに重く、なかなか棒が持ち上がらないので
変だと思っているところへ、中からヒソヒソ話し声が聞こえるから、簾をめくるとやっぱり二人。

文句を言うと、江戸に着いたらなんとでもしてやるから
と頼むので、しかたなくまたヨロヨロと担ぎ出す。

ところが、駕籠の中の二人、興が乗って相撲の話になり、とうとうドタンバタンと取っ組み合いを始めたから
たまららない。

たちまち底が抜け、駕籠がすっと軽くなった。

下りてくれと言っても、修繕代は出すからこのままやれ、オレたちも中でかついで歩くからと、とうとう世にも不思議な珍道中が出現。

これを見ていた子供が、「おとっつぁん、駕籠は足何本ある?」
「おかしなことォ聞くな。前と後で足は四本に決まってる」
「でも、あの駕籠は足が八本あるよ」
「うーん、あれが本当のクモ駕籠だ」

[出典:落語あらすじ事典 千字寄席 http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2005/07/post_2488.html]

Sponsored Link

 - 橘家圓蔵(八代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

橘家圓蔵enzoenkyoenzo
★橘家圓蔵(八代目)たいこ腹(幇間腹・太鼓腹)

古典落語の演目のひとつ。「たいこ針」とも。三代目春風亭柳好、六代目春風亭柳橋が得 …

橘家圓蔵enzoenkyoenzo
■八代目 橘家圓蔵(月の家圓鏡) ねずみ穴(鼠穴)

あらすじ 酒と女に身を持ち崩した百姓の竹次郎。 おやじに譲られた田地田畑もみんな …

橘家圓蔵enzoenkyoenzo
橘家圓蔵(八代目) 堀の内

あらすじ とにかく、そそっかしい主人公。 帰って来るなり「医者を打つから、注射を …

橘家圓蔵enzoenkyoenzo
橘家圓蔵(八代目) 猫と金魚

初代柳家権太楼作 新作落語 隣の猫が金魚にいたずらするので、店の主人から猫の手が …

橘家圓蔵enzoenkyoenzo
八代目 橘家圓蔵(月の家圓鏡) 湯屋番

湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てく …

橘家圓蔵enzoenkyoenzo
■橘家圓蔵(八代目) 大山家の人々

大山家とは演者圓蔵の実家のこと。 働かないで家にいる奇人の父親に、優しい母親。 …