【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

★古今亭志ん朝/蔵前駕籠(蔵前駕篭)

      2022/06/09

Sponsored Link


蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。
原話は、「今昔物語」第二十八刊の一遍である『阿蘇の史、盗人にあひて謀りて逃げし語』。
主な演者として、林家彦六などがいる。

上方では「そってん芝居」という芝居噺で演じられていた。
こちらは長らく演じる者がいなかったが、戦時中に東京で聞いた初代桂小南の落語を元に戦後3代目桂米朝により復活された。
またその弟子の桂吉朝もよく演じていた。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★古今亭志ん朝/二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

■古今亭志ん朝/井戸の茶碗

あらすじ くず屋の清兵衛は曲がったことが大嫌い。人呼んで正直清兵衛。 ある日、み …

★古今亭志ん朝/首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

★古今亭志ん朝/品川心中

品川の遊郭を舞台にした噺である。前半では女郎と客の心中がテーマとなっているが、後 …

★古今亭志ん朝/強飯の遊び

あらすじ 熊が甚兵衛さんに起こされる。 隠居の弔いを手伝いに来て、土瓶に入った酒 …

■古今亭志ん朝/引越しの夢(口入屋)

口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で演じ …

★古今亭志ん朝/搗屋幸兵衛(つきやこうべい)

町内を小言を言いながら一回りして帰ってきた。 犬に小言を言って、天気にまで小言を …

★古今亭志ん朝/おかめ団子
古今亭志ん朝/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん朝/真田小僧

あらすじ 子どもが父親にまとわりついて小遣いをねだるがもらえない。それじゃ、お母 …