【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳亭痴楽(四代目)ラブレター(女給の文)

   

Sponsored Link

あらすじ

若い女性の良いところと損なところがあります。
男なら、朝、少しぐらいの寝坊をしても、つばき(唾)油で飛んで出られるが、女性はそんな事は出来ない。

鏡の前で顔を何回も叩いて、仕上がるまでに時間が掛かる。時には「お母さんこの鏡変よ」などと、自分の顔を棚に上げて、鏡のせいにしている。女性の損なところですが、女性でなくては ならない、良いところもあります。

女性の美点は声です。
映画など鑑賞して幕間に入るアナウンスは女性でなくてはなりません。

「お呼び出しを申し上げます。お客様の藤田様、 正面玄関までお越し下さいませ。」等と聞くと、藤田さんがどんなに素敵な人なのだろうと、かってに連想してしまいます。

その反対に、ガラガラ声の男性がやると、「豊川稲荷の藤田さん、豊川稲荷の藤田さん、表で狐が待ってます」と、やられると具合が良くありません。

マーちゃんは彼女が出来てラブレターを貰ったと友人に打ち明けた。ただし、夜学で習ったので昼では読みにくく、見せたくない。
と言いつつ、友人に渡すと。

友人 「ピンクの便箋にいい匂いがするよ。で、英語じゃないよね、これ。『かれいに、もも引きあげますよ』」

マーちゃん「だから見せたくないんだよ。『彼氏に申し上げますよ。』っていうんだよ」

「『こなだこなだ』。粉でもあげたのか。」

「それは『こないだは、こないだはね』の”い”が抜けているんだ」

「『へそかゆくて』」

「それは『忙しくて』って読むんだ。ヘソがかゆい事なんかないだろ」

「『ろくまくをおかし、八銭ですみました』。あれ、肋膜を患って八銭で済んだようだよ。安かったね」

「八銭で済む分けないだろ。『ろくろくお構いしなくてスイマセンでした。』って、言うんだよ」

「『そのときはながたけさんくだりて』。タケさんがお腹を下したのか」

「『その時バナナ沢山くださりて』。しっかり読め」

「『苦しかったわよ』。やっぱり下っていたんだよ」

「それは『嬉しかったわよ』だ」

「『すぐにわかやまにもちかえり』。遠くまで持って行ったんだな」

「『直ぐに我が家に持ち帰り』」

「『仏壇へそなめた』?」

「それは『仏壇に供えたわ』って言うんだ。自分で臍舐められないだろう」

「『こんどきたとき、ミシンがないが、したてるわ』。ミシンが無いけれど何か仕立ててくれるぞ」

「『今度来た時、しみじみ話がしたいわ』」

「『こんどのひよびに、てにてをつないであべこべいくよ』??あべこべで、どうするんだ」

「『今度の日曜日、手に手を取って、アベックで行こうよ』ってんだ」

「『あなたははたけのたにしだわ』」

「『貴男は私の彼氏だわ』。この文章で一番良い所じゃないか」

「泣くなよ。『愛しきまーちゃんへ私はほんとは、あら、いやよ』。やっぱりヤダと言っているよ」

「(泣き声になって)最後まで間違えている、私の彼女は『”新井ヤヨ”さん』って言うんだ」。

 

 

Sponsored Link

 - 柳亭痴楽(四代目) , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 運転手募集

Sponsored Link プロフィール 4代目柳亭 痴楽(1921年5月30 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 西行

Sponsored Link あらすじ もとは佐藤兵衛尉憲清という、禁裏警護の北 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
■柳亭痴楽(四代目) 綴方狂室(つづりかたきょうしつ)

御運び様で 厚く御礼を申し上げます。破壊された顔の所有者と自らを名乗っている、柳 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)桃太郎

あらすじ 昔話を親が語る傍らで子供が寝入っていた風景は、今や昔。 布団に入っても …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 妻を語る

笑う門のはラッキーカムカム。痴楽綴方狂室でお馴染み、昭和の『爆笑王』『破壊された …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 隅田川

昭和40年7月録音(1965年) 永井荷風の小説をもとにした柳亭痴楽(四代目)の …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 親父の勉強
柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 宿題

Sponsored Link

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)八百屋お七

Sponsored Link 落語メモ 落語で八百屋お七物にはいくつか有り、名人 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 新聞記事(阿弥陀池)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …