【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)万病円(まんびょうえん)

   

Sponsored Link

1961.3.1音源

侍が湯船で褌を洗っていると、客から番台に苦情があがる。

侍は怖いが渋々とがめに行くが、侍は屁理屈をならべ、挙げ句には湯銭も払わずに出てしまう。

湯からの帰り道、侍は餅屋に立ち寄る。そこで小僧の言葉を逆手に取り、余分に餅を平らげ、これも銭もそこそこに立ち去ってしまう。

調子に乗った侍は古着屋へ行くが、ここでは逆にやりこめられてしまい、悔しい侍は江戸の仇を長崎でと向かいの紙屋へ入るが、ここでもうまくいかない。

ふと目に入ったのは、店に預かり置く2、3の薬。

「万病円」とした薬に言いがかりをつける……

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)弥次郎

『弥次郎』(やじろう)は落語の演目の一つ。 原話は、安永2年(1773年)に刊行 …

三遊亭金馬(三代目)七の字

長屋に住んでいたグズ七と呼ばれていた七兵衛さん、仲間から助けられ生活していたが、 …

三遊亭金馬(三代目)湯屋番

湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てく …

三遊亭金馬(三代目) 堪忍袋

原作者は、三井財閥の一族である劇作家・評論家の益田太郎冠者。 主な演者として、東 …

三遊亭金馬(三代目)蛙茶番(かわずちゃばん)

蛙茶番(かわずちゃばん)は、古典落語の演目の一つ。素人芝居(しろうとしばい)、舞 …

三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目) 錦の袈裟

あらすじ 町内の若者たちが吉原へ遊びに行くについて相談をした。 「質屋に何枚か質 …

三遊亭金馬(三代目) くしゃみ講釈

あらすじ デートの現場を、突然乱入してきた男にメチャクチャにされた主人公。 数日 …

三遊亭金馬(三代目) 二十四孝(にじゅうしこう)*

あらすじ 江戸のとある町に住む男(八五郎)は、たいへんな大酒飲みで、また同居して …

三遊亭金馬(三代目)やかん(薬缶)

take1 take2 薬缶(やかん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、明和9年 …