【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)万病円(まんびょうえん)

   

Sponsored Link

1961.3.1音源

侍が湯船で褌を洗っていると、客から番台に苦情があがる。

侍は怖いが渋々とがめに行くが、侍は屁理屈をならべ、挙げ句には湯銭も払わずに出てしまう。

湯からの帰り道、侍は餅屋に立ち寄る。そこで小僧の言葉を逆手に取り、余分に餅を平らげ、これも銭もそこそこに立ち去ってしまう。

調子に乗った侍は古着屋へ行くが、ここでは逆にやりこめられてしまい、悔しい侍は江戸の仇を長崎でと向かいの紙屋へ入るが、ここでもうまくいかない。

ふと目に入ったのは、店に預かり置く2、3の薬。

「万病円」とした薬に言いがかりをつける……

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)嘘つき村

  「神田の千三ツ」(かんだんのせんみつ)と異名を取る、うそつき男。 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)道灌

聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生(五代目) 道灌

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。 原 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 艶笑小噺

三代目三遊亭金馬 艶笑小噺総まくり

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)転失気(てんしき)

体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)一目上がり(ひとめあがり)

一目上がり(一目上り、ひとめあがり)は古典落語の演目のひとつで、「七福神(しちふ …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)勉強(清書無筆改作)
三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)金明竹

金明竹(きんめいちく)は古典落語の演目の一つ。 骨董屋を舞台としたドタバタなやり …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)目黒のさんま

あらすじ 秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂い …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)蔵前駕籠

蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。 原話は、「今昔物語」第二十八刊 …