【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)饅頭こわい(まんじゅうこわい)

      2019/03/05

Sponsored Link

 

まんじゅうこわい(饅頭こわい)は、落語の演目の一つ。
落語の中では「寿限無」や「目黒のさんま」に並ぶ有名な噺。

東京では前座噺の一つに数えられるが、5代目柳家小さん・3代目桂三木助の得意演目でもあり、上方ではこの噺は4代目桂米團治が演じていたものが3代目桂米朝、3代目桂米之助、6代目笑福亭松鶴に伝わり十八番にした。
その後は多くの噺家が演じるようになった。

あらすじ

暇をもてあました若者数名が集まり、それぞれ嫌いなもの、怖いものを言いあっていく。
皆、「蜘蛛」「蛇」「蟻」などと言っている中にひとり、「いい若い者がくだらないものを怖がるとは情けない、世の中に怖いものなぞあるものか」とうそぶく男がいる。

本当に怖いものは無いのかとさんざん念を押しても「ないものはない!」と言う。
しかし、何度も念を押しているうちにしぶしぶ「実はある」と白状する。何が嫌いなのかと聞くと「饅頭」。

その男は「饅頭の話をしているだけで気分が悪くなった」と言い出し、隣の部屋で寝てしまう。
そこで皆は「あいつは気に食わないから饅頭攻めにして脅してやろう」と金を出し合い、饅頭をたくさん買いこんで隣の部屋に投げ込む。

すると目覚めた男は怖がりながらも
「ああ怖い、怖い。こんな怖いものは食べちまって無くしちゃおう」
「旨すぎて怖い」などと言って饅頭をむしゃむしゃたいらげ、とうとう全部食べてしまった。

どうも様子がおかしいと覗き見で成り行きを見守っていた連中は一杯食わされたことに気付く。
怒った皆が「本当のお前の怖いものは何だ!」と聞くと今度は
「このへんで濃いお茶が一番怖い」。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

あらすじ 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。 近所の若者が権兵衛さん …

■桂枝雀(二代目)くしゃみ講釈(くっしゃみ講釈)

あらすじ 講釈師にあることで恨みを持った男が、相棒と相談してこの講釈師を困らせて …

■桂枝雀(二代目)愛宕山

『愛宕山』(あたごやま)は、古典落語の演目。上方落語の演目の一つである。 春山の …

■桂枝雀(二代目)牛の丸薬

大和炬燵(こたつ=土製の小型の四角いあんか)の古くなったのをいじっているうちに、 …

桂枝雀(二代目)産湯狐

  しばらくのあいだ、お付き合いを願うのであります。「狐・狸は人を化かす」といぅ …

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

あらすじ 屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ …

桂枝雀(二代目)一人酒盛り

あらすじ 引越ししたばかりの男の家に友人が遊びに来る。 男は酒でも用意するからゆ …

■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

■桂枝雀(二代目)宿替え(粗忽の釘)

『宿替え』(やどがえ)は、上方落語の演目の一つ。江戸落語では『粗忽の釘』(そこつ …