【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/万金丹

   

Sponsored Link

あらすじ

江戸を離れて、気ままな文無し二人旅。
日も暮れて泊まるところが無いので、山寺で宿を求める。数日、ぶらぶらしていたが、その寺の住職が本山へ出向くと云うので留守番をする事になる。坊主として葬式に呼ばれるが、もちろん、お経などは知らないから、口から出任せ……
さて戒名は……となったが、そんなのは用意してない。「万金丹(まんきんたん)」と云う丸薬の袋があったので、それを咄嗟に戒名代わりとした。

「戒名ってのは、タテに長いもんだけんど、こりゃぁ、マッちかく(真四角)ですねぇ」
「いいんだよ。これが、新型だ!」
「この、万金丹ってのは何です?」
「仏さんの名前が、万屋金兵衛(よろずやきんべえ)だろ!? だから、万金(マンキン)でいいじゃねぇか!」
「はぁ、そうかねぇ。じゃあ、最後の丹(たん)ってぇのは?」
「屋根から落っこって死んだんだろ。落っこたん、のタンだよ!」

「ただし、白湯(さゆ)にて用うべし。あんれまぁ、戒名に但し書きがある」

「なぁに、改めてこの仏へ、お茶湯(おちゃとう)には及ばない……」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/化け物使い

人使いの荒いご隠居がいて、次々と奉公人を雇うが、三日も経たずに「暇をもらいたい、 …

立川談志 五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …

立川談志 山号寺号(さんごうじごう)

山号寺号(さんごうじごう)は、落語の演目の一つ。 別名『恵方参り』ともいう。 ま …

■立川談志 代書屋

代書(だいしょ)は、上方落語の演目の一つ。「代書屋」とも呼ばれる。 昭和10年代 …

立川談志 山崎屋

あらすじ 若旦那・徳さんが番頭に三十両貸してくれと借金の申し込みをしたが頭から断 …

立川談志 猫久(ねこきゅう)

長屋連中の人気のおかず『鰯のぬた』は、貧乏人のおかずとされていた。 落語『目黒の …

立川談志/死神
■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

昭和41年(1966)年 柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治( …

立川談志 慶安太平記~箱根越え
立川談志/宮戸川(お花半七馴れ初め)