【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬生(十代目)目黒のさんま

   

Sponsored Link

あらすじ

秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂いは何かと尋ねる。
さんまという下衆魚で下衆下民が食す魚だと答えるが、苦しゅうない持参致せと。

さんまに粗塩をかけて、農家の熾火の中に放り込んで丸ごと焼いたさんまで、荒っぽい料理だが、野駆けで空腹のところへ脂の乗った走りのさんまだから、不味いはずがない。

一箸付けては代りを持て、一箸付けては代りを持てと五、六本食べてしまった。
目黒で食べたさんまの味が忘れられないが、普段の食事では出されることはない。
あるとき、親戚筋から招待された折り、さんまを希望した。

料理方が早馬で魚河岸に走り、房州のさんまを仕込んで、三枚におろし、油が強いからと蒸して、粉を入れてつみれにし、椀ものにしたてて更に餡掛にした。

殿様が一口食べると不味い。

「このさんまは何処の産か?」

房州だと聞くと、

「それがいかん、さんまは目黒に限る」

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬生(十代目)ざる屋(ざるや)

縁起担ぎのお噺です。元は上方ネタで、上方では「米揚げいかき」の題で演じられます。 …

金原亭馬生(十代目)碁泥(碁どろ)

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京 …

金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あく …

金原亭馬生(十代目)花見の仇討
■金原亭馬生(十代目)鰍沢

おやじの骨を身延山に納めるため、参詣かたがたはるばる江戸からやってきた新助。 帰 …

金原亭馬生(十代目)船徳(舟徳)

あらすじ 女遊びに夢中になり親族会議で勘当され、女の元にしけこんだ若旦那の徳さん …

金原亭馬生(十代目)抜け雀

あらすじ 小田原宿に現れた若い男、色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重は …

金原亭馬生(十代目)明烏
金原亭馬生(十代目)厩火事(うまやかじ)

1973年(昭和48年)6月25日(月曜日)録音 ※ 冒頭で『お魚が食べられなく …

金原亭馬生(十代目)富久