【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭柳橋(六代目)目黒のさんま

   

Sponsored Link

昔の御身分の高い方々は、下々の庶民の生活はご存じありません。

ですから常々少しでも知りたいと思っております。

天候に恵まれた初秋の日。

お殿様がご家来を連れて、目黒不動参詣をかねての遠乗りにでかけました。

目黒(その頃、江戸の郊外だった)に着かれたのはお昼近くのことでした。

近くの農家から、秋刀魚を焼くいい匂いが漂っております。

その時、ご家来が

「かような腹ぺこの折りには、秋刀魚で一膳茶漬けを食したい」

といったのを聞きつけたお殿様、

「自分もぜひ秋刀魚というものを食してみたい」

とご家来に所望した。

さあ困ったご家来衆。

「秋刀魚とは下魚でございますゆえ、お上のお口にはいりますような魚ではございません」

といったものの、お殿様のお言いつけではしかたがない。

何とか農家のおじいさんに頼んで焼いた秋刀魚を譲ってもらうことにした。

お殿様は、生まれてはじめての秋刀魚がすっかり気にいられた。

お腹が空いていたことも合わさって忘れられない味になってしまった。

ところが屋敷に帰っても、食卓に秋刀魚のような下魚は出てこなかった。

ある日のこと、親戚のおよばれでお出掛けになりますと

「なにかお好みのお料理はございませんでしょうか。なんなりとお申し付けくださいまし」

というご家老の申し出に、すかさず秋刀魚を注文した。

親戚は驚いて、日本橋魚河岸から最上級の秋刀魚をとり寄せた。

このように脂が多いものをさしあげて、もしもお体に触っては一大事と、十分に蒸したうえ、小骨を丁寧に抜いて、だしがらの様になった秋刀魚を出した。

「なに、これが秋刀魚と申すか。まちがいではないのか?たしか、もっと黒く焦げておったはずじゃが・・・」

脂が抜けてぱさぱさの秋刀魚がおいしいはずがありません。

「この秋刀魚、いずれよりとりよせたのじゃ?」

「日本橋魚河岸にござります」

「あっ、それはいかん。秋刀魚は目黒にかぎる」

[出典:『古典落語(上)』興津要編 講談社文庫 http://www.asahi-net.or.jp/~uk5t-shr/meguronosanma.html]

Sponsored Link

 - 春風亭柳橋(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
■春風亭柳橋(六代目) 蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)

あらすじ 上州の六兵衛という蒟蒻屋のところに居候している八五郎。 調子もすっかり …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
★春風亭柳橋(六代目)子別れ(上・下)
春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 猫久(ねこきゅう)

長屋に住む行商の八百屋・久六は、性格がおとなしく、怒ったことがないところから「猫 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)掛け取り
春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)岸柳島(巌流島)

岸柳島(がんりゅうじま)は古典落語の演目の一つ。 「巌流島」とされる事もある。原 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)掛取新戦術【歴史的音源】

昭和8年(1933年)歴史的音源 プロフィール 6代目春風亭 柳橋(しゅんぷうて …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 花見酒

”酒が無くてなんの桜かな”と言われるように、花見には酒が付き物です。 「向島に花 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や、6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目)青菜

もとは上方落語で、3代目柳家小さんが東京へ移植した。以降東京では小さん一門の得意 …

春風亭柳橋(六代目)ryukyo
春風亭柳橋(六代目) 支那そば屋(うどん屋改作)

落語 「支那そば屋」 春風亭柳橋(六代目) うどん屋の改作 大正3年の二代目柳家 …