【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂三木助(三代目) 人形買い

   

Sponsored Link

Sponsored Link

長屋の神道者の赤ん坊が初節句で、ちまきが配られたので、長屋中で祝いに人形を贈ることになった。
月番の甚兵衛が代表で長屋二十軒から二十五銭ずつ、計五円を集め、人形を選んでくることになったが、買い方がわからない。
女房に相談すると、「来月の月番の松つぁんは人間がこすからいから、うまくおだててやってもらいな」と言う。
馬鹿正直な甚兵衛がそれを全部しゃべってので、本人は渋い顔。
行きがかり上、しかたなく同行することになったが、転んでもただで起きない松つぁん、人形を値切り、冷や奴で一杯やる金をひねり出す腹づもり。
人形屋に着くと、店番の若だんなをうまく丸め込み、これは縁つなぎだから、この先なんとでも埋め合わせをつけると、十円の人形を四円に負けさせることに成功。
候補は豊臣秀吉のと神宮皇后の二体で、どちらに決めるかは長屋に戻り、うるさ方の易者と講釈師の判断を仰がなければならない。
そこで、さっき甚兵衛が汚い人形と間違えた、青っぱなを垂らした小僧に二体を担がせて店を出る……

[出典:http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2004/10/post_16.html]

Sponsored Link

 - 桂三木助(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂三木助(三代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

桂三木助(三代目) ねずみ

落語「ねずみ」 江戸に下り、大工、政五郎の家に居候していた左甚五郎が、奥州の旅に …

桂三木助(三代目)さんま火事

昭和31年(1956年)9月の音源 初代林家正楽(一柳金次郎)作 長屋の愉快な連 …

桂三木助(三代目) 御神酒徳利

※途中、録音状態が悪い部分があります。

桂三木助(三代目) ざこ八(先の仏)

あらすじ 歳の頃三十二、三のいい男で道中の陽焼け跡がくっきりと見え、振り分け荷物 …

桂三木助(三代目)蛇含草

上方落語発祥の古典落語で、大食いを自慢する男と謎の薬草をめぐる滑稽噺。 主な演者 …

桂三木助(三代目) 芝浜

『芝浜』(芝濱、しばはま)は古典落語の演目の一つ。 三遊亭圓朝の作とされるが不確 …

桂三木助(三代目)長短【十八番】

気の長い長さんと、むやみに気短な短七の二人は幼なじみ。 性格が正反対だが、なぜか …

桂三木助(三代目)加賀の千代

暮れも押し詰まって大晦日。それなのに金策が出来ていない甚兵衛亭主の尻をたたく女房 …

桂三木助(三代目) 鉄拐

鉄拐(てっかい)は落語の演目の一つ。原話は、文化年間に桜川慈悲成が出版した笑話本 …