【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)女学校操競孝女 おゑんの伝(解説のみ)

      2022/02/04

Sponsored Link

Sponsored Link

出羽庄内の上杉弾正の家中、林主殿は曲がった事を嫌うあまり屋敷を出され、江戸深川で医者を始めて名も林玄丹と改めます。

この林玄丹には十七歳の美しい長女 お婉(おゑん)と八歳になる次女 お鶴の二人娘がありました。

京橋八丁堀の大名大久保主膳が病になり、お抱えの医者出入りの医者が手を尽くしますが回復せず、町医を探して玄丹が呼ばれます。

玄丹の治療で主膳は回復し、米五十俵、金五十両の褒美をいただいてお抱え医となり、これが町中の評判となります。

年末のある日、下男の市助が表を掃除しておりますと、赤ん坊の金次、薬研の安というごろつきが評判を聞いてタカリに来ます。市助は玄丹に告げて二百文を渡しますが二人は承知しません。

玄丹が表へ出て話をしますが聞き入れず、二人は手を出しますが文武両道に秀でた玄丹には敵わず憶えていろと逃げ出します。

翌年の正月四日、赤ん坊の金次と薬研の安は、仲間二人を誘って蔵前の伊勢四郎の使いを装い、娘が急病になったので見舞いを願いたいと玄丹と市助を外へ出します。

家に忍び込んだ四人、玄丹が大久保主膳から頂いた米と金を盗り、お婉をなぐさんでいこうと相談をしているのをお婉が聞いておりました。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)駒長(こまちょう)

ほうぼうに借金だらけの長兵衛とお駒の世帯。もうにっちもさっちもいかない。 長兵衛 …

古今亭志ん生(五代目)三軒長屋(前・後)

三軒長屋(さんげんながや)は落語の演目の一つ。 原話は中国の明代に書かれた笑話本 …

古今亭志ん生(五代目)疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

古今亭志ん生(五代目) 小間物屋小四郎(大岡政談より)

京橋五郎兵衛町の長屋に住む、背負い(行商)の小間物屋・相生屋小四郎。 今度上方へ …

古今亭志ん生(五代目)首ったけ

いくら、廓(くるわ)で女郎に振られて怒るのは野暮(やぼ)だといっても、がまんでき …

古今亭志ん生(五代目)三枚起請(さんまいきしょう)

三枚起請(さんまいきしょう)は古典落語の演目の一つ。 もともとは上方落語で、初代 …

古今亭志ん生(五代目)麻のれん

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っ …

古今亭志ん生(五代目)安中草三牢破り(あんなかぞうさろうやぶり)

柳生流奥義の伝書を持つ恒川半三郎と、その剣の弟子で家臣の草三郎(安中草三)。 二 …

古今亭志ん生(五代目)塩原多助一代記~道連れ小平

塩原多助序 上州沼田に300石の田地を有する豊かな塩原家の養子多助は、養父角右衛 …

古今亭志ん生(五代目)宗珉の滝(そうみんのたき)

もともとは講釈ダネで、志ん生が一時期講釈師になった時に覚えた噺のようです(大正後 …