【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 水屋の富

   

Sponsored Link

水屋の富(みずやのとみ)は古典落語の演目の一つ。
原話は、文政10年(1813年)に刊行された笑話本「百成瓢」の一遍である「富の札」。

また、ハイライトである水屋がノイローゼになる件は安永3年(1774年)刊行の笑話本「仕形噺」の一遍である「ぬす人」から来ている。
主な演者には、3代目柳家小さん、5代目柳家小さんや5代目古今亭志ん生、10代目金原亭馬生、3代目古今亭志ん朝などがいる。

Sponsored Link

あらすじ

江戸時代、本所や深川などの低湿地帯に住む人は、天秤棒をかついで毎日やって来る水屋から一日の生活用水や飲み水を買っていた。

親八もそんな水屋の一人で、毎日玉川や神田上水あたりから汲まれた水を差し担いにして、得意先の客に売り歩いていた。
親八は独り者で身寄りはなし。病気にでもなったとき困るから、いつも『纏まった金がほしい』と考えていた。

そんなある日…。
たまたま買った富くじ(宝くじ)を持って湯島天神に行くと、なんと立て札に自分の買った札の番号が!!「アハー! タータッタタッタッタッ!!」その額なんと千両。
二割引かれるのを覚悟で引き換え所に向かい、800両もらって大喜び。

「腹巻につめて、両袖放り込んで。まだ余るな、股引きを脱いで先を結んで、そこに残りを巻き込んで…」
体中お金にして長屋へ戻り、戸をぴしゃりとしたかと思うと山吹色の奴をずらりと並べた。

「これで商売を止められる。でも、代わりが見つかるまでそれは無理。かと言って…持ったまま商売に出たら、井戸へ落っことしてしまうのが関の山だ」

しかし…家において置くのもなんだか不安。何しろ世の中物騒だ。
例えば、『大きな風呂敷に包み、戸棚にしまって置く』と…開けられたらお仕舞いだ。
『戸棚の中には葛篭があるから、その中にぼろ布で包んで入れて』…それも駄目かな。
じゃあ泥棒の裏をかいて、『飾りに見せかけて神棚に』…アカン。

あれこれと悩んだ挙句、畳を一畳上げて根太板をはがし、そこに通っている丸太に五寸釘を打ち込んで先を曲げ、そこに金包みを引っかけた。
これで安心、そう思って商売に出たものの、まだ疑心暗鬼は治まらない。

すれ違った野郎が実は泥棒で、自分の家に行くのではないかと跡をつけてみたり、一時も気が休まらない。おかげで仕事もはかどらず、あっちこっちで文句を言われる始末。

夜は夜で寝ていると、毎晩毎晩、強盗に襲われ金を奪われる夢ばかり。
長ドスでぶっすり…「ウギャー!!」…首をしめられ…「ウワー!!」…何とマサカリで…「眠れない」一方、こちらは隣に住んでいるヤクザ。

金が欲しいとぼやいていると、水屋が毎朝竿を縁の下に突っ込み、帰るとまた同じことをするのに気がついた。
「何かあるな…?」留守中に忍び込んで根太をはがすと、案の定金包み。
しめたと狂喜して、そっくり盗んで逃げ出した。

そうとは知らない水屋さん。
仕事から帰って来て、いつもの様に竹竿(たけざお)で縁の下をかき回すと手ごたえが無い。

「ま、まさか…」根太をはがして調べてみると、金は影も形もない。

「アハー、金が無い!! 俺の金が…、今晩からゆっくり寝られるな」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)つるつる

八代目桂文楽が、それまでこっけい噺としてのみ演じられてきたものを、幇間の悲哀や、 …

古今亭志ん生(五代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。原話は不明だが、江戸時代から高座にかけられ …

古今亭志ん生(五代目)お茶汲み

狂言『墨塗女』をもとに軽口噺『墨ぬり』が出来る。上方落語では『黒玉つぶし』で演じ …

古今亭志ん生(五代目) 小間物屋小四郎(大岡政談より)

京橋五郎兵衛町の長屋に住む、背負い(行商)の小間物屋・相生屋小四郎。 今度上方へ …

古今亭志ん生(五代目)麻のれん

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っ …

古今亭志ん生(五代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

古今亭志ん生(五代目)黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生【富久】

【親子リレー落語】古今亭志ん生・古今亭志ん朝・金原亭馬生【富久】 親子三人による …

古今亭志ん生(五代目)三味線栗毛

あらすじ 老中筆頭、酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)の次男坊・角三郎は、ちょくちょ …

古今亭志ん生(五代目)あくび指南(あくびの稽古)

『釣り指南』『小言指南』など指南物の一つ。 志ん生は、ホール落語にはかけなかった …