【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■春風亭百栄 今時の作文

   

Sponsored Link

Sponsored Link

プロフィール

春風亭百栄(しゅんぷうていももえ)1962年9月3日静岡県静岡市出身。
落語協会所属。本名、青木規雄(あおきのりお)。出囃子は『二ツ目の上がり』。おかっぱがトレードマーク。
アブノーマルな世界観を持つ新作落語を得意とする。

入門する前の8年間、アメリカ・ロサンゼルスで寿司屋修行と放浪生活をしていた(しかし、サバをよんで「10年間」と公称している)。
1995年2月 - 7代目春風亭栄枝に入門。栄枝とは、上記のロサンゼルスの寿司屋で客と店員として出会った。
当初は川柳川柳への弟子入りを栄枝に頼んだが、川柳に断られたため、栄枝に弟子入りすることになった。
1995年6月 - 前座名「のり太」を貰う。
1999年5月 - 二つ目昇進し、「栄助」と改名。
2004年 - 大江戸タイフーンを結成し『大江戸台風族』というCDを出す。
2007年11月 - 恩田えりとのユニットウニウミウシでM-1グランプリに挑戦(三回戦まで進出)。
2008年9月 - 真打昇進し、「百栄」と改名。

『BS笑点』時代のころから出演。2代目林家木久蔵が出演していない場合のみ3番席に座ることが多かったが、2代目木久蔵が出演していた場合は他のメンバーの席に座ることがあった。

自己紹介では名前を名乗った後「ニャー!」とネコのマネをするのが定番。
放送開始当初はキャラクターはなかったが、2008年夏ごろから座布団運びのセイラに懸想するスケベキャラに定着している。しかし実生活での本人は既婚であり、「妻は可愛い」と語る愛妻家?である。『お題の名人』で妻との馴れ初めを語ったこともある。

レギュラー放送最終回となった2011年2月13日の放送では、大喜利での出番がないにも関わらず収録に来ていることがセイラによって明かされ、その後私服のままセイラを追いかけていた(大喜利に関しては2010年12月12日放送分が最後の出演である)。

主な新作落語
甲子園の魔物(作:6代目古今亭今輔)
寿司屋水滸伝(作:柳家喬太郎)
今どきの作文
コンビニ強盗
最期の寿限無
弟子の強飯
天使と悪魔
どら吉左衛門之丞勝家
バイオレンス・スコ
マザコン調べ(『大工調べ』改作)
桃太郎後日譚
誘拐家族
露出さん

Sponsored Link

 - 春風亭百栄 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事