【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)無学者論に負けず(やかん)

      2016/09/11

Sponsored Link

根問いもの。『やかん』別題
ぶっつけ落ち

Sponsored Link

物知りだって評判の御隠居に、ひまな男が次々と質問の矢を放ったんですな。男も、御隠居の回答には半信半疑で聞き流します。
「御隠居、”奥さん”って、どうして奥さんって言うんですかい」

御隠居は即答します。
「昔から、御女中が玄関口でお産をするわけにはいかない。当然、奥でお産だ。だから奥産だ」

実にいい加減な回答ですな。

「じゃあ、なぜ”かかあ”ってんです?」

これに対しても「家がふたつで家家(かかだ、敬意をこめて伸ばすと”かかあ”になる」と答えます。

「なに、マグロはマグロと呼ぶかって?そりゃ真っ黒だからさ。鯒(こち)はこっちへ来るって意味だ。分かったね」

御隠居は増々冴えてきます。

「土瓶、鉄瓶はって?土瓶は土でできてる、鉄瓶は鉄でできる」、まともな答えでございます。男も負けていません。

「じゃあ、やかんは何でやかんって言うんですかい」

困ったのが御隠居でした。しばらく考えた後、おもむろに答えます。

「昔、戦場(いくさば)では、そのやかんが重宝され使われておった。ある時、敵の急襲を受けてな、咄嗟にやかんを被ったのじゃ。これが重宝でな、矢が当たるとカン、矢が当たるとカン。これでやかんと呼ばれるようになった。蓋はくわえると面頬となり、注ぎ口は耳となった」

「御隠居、じゃあ、何故注ぎ口は一方にしかねえんで」

反対側は寝る時に邪魔だと隠居は答えます。

[出典:http://ameblo.jp/s-kishodo/entry-11754069441.html]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)お化け長屋

あらすじ 長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが …

三遊亭圓生(六代目) 代脈

<代脈(だいみゃく)は、古典落語の演目の一つ。原話は、元禄10年(1697 …

三遊亭圓生(六代目)猫怪談

あらすじ 深川蛤町の裏長屋に与太郎が住んでいたが、育ての親の親父が死んでしまった …

三遊亭圓生(六代目)のめる

酒好きで、なにかにつけて「のめる」というのが口癖の男。 友達に、「つまらねえ」が …

三遊亭圓生(六代目) 錦の袈裟

上方落語の『袈裟茶屋』の舞台を吉原遊廓に置き換えて東京に移入し、さらに明治期に初 …

三遊亭圓生(六代目) 質屋庫(質屋蔵)
■三遊亭圓生(六代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)
三遊亭圓生(六代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

三遊亭圓生(六代目)水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …