【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 業平文治漂流奇談

      2015/05/19

Sponsored Link

Sponsored Link

侠客業平文治は悪を見すごせない。懲らしめられた相手は感化され改心していく。最大の敵、大伴蟠龍軒を前に、文治の母は一切の暴力を禁じてしまう。

侠客業平文治

安永年間、入れ込み湯で九兵衛、浮草のお浪にちょっかい出す-お浪、九兵衛をつかまえて強請る。業平文治が現れ、お浪は打ちすえられる-夫の国蔵、お浪を連れて膏薬代を強請りに来る-国蔵、文治に締めあげられて改心/父の眼病平癒を願い、寒中に業平天神でお百度を踏む町を救う-酔った武士に斬られかけた松屋らを救う-町を妾にもらいに来た大伴の弟子らと庄三郎が斬り合い-文治、弟子らを懲らしめる

浅草見附の大乱闘

芸者お村、母のお崎に責められ旦那を取る決心-間夫の友之助を呼び出し、心中をはかる-2人とも死ねず、助けた文治、松屋が友之助の使い込み等を埋める約束-友之助の主人の紀の善納得、お崎を締めあげて50両でことを納める-帰路、飲み屋でごねる亥太郎と喧嘩。乱暴者の亥太郎、浅草見附の鉄砲を奪ったため受牢-文治、亥太郎の老親を見舞う-お村と友之助、所帯を持つ/文治の母の留守中に、お村、文治に言い寄りたしなめられる-亥太郎出牢、文治の意気に感じて和解/藤原の女房おあさ、義母をいじめる-文治、見かねておあさを殺害-藤原乱入、文治に宛てたあさの艶書を見て得心。藤原が成敗したことにする-藤原、文治の縁筋のかやと結婚-あさを殺したことが、文治の母に知れ、文治の母は断食-喜代之助夫婦が命を賭してわび入れ。母、文治の腕に「母」の文字をズブズブと入れ墨し、今後の喧嘩を戒める

蟠作まで追いつめる

大伴蟠作、以前に血道を上げたお村を発見-出入りの友之助を賭碁で負かし、百両とお村をかたの証文-お村を奪う-友之助、よやく百両都合すると、証文は三百両に書き変えてある。お村も愛想付かし。友之助、大伴の門弟に打たれて瀕死-文治通りかかるが、母と同道しているため助けられず。夜分、身投げをするところを救い、金を取り返す約束-文治、大伴の道場へ掛け合いに行く。お村のかたに証文を取り戻すが、百両は戻らず、額へ傷を受ける-母の刺青に気づき、こらえて帰る/大伴蟠龍軒、眼病の庄左衛門を眼科医に誘い出し、斬り捨て、貞宗の刀を盗む-これを目撃した亥太郎が組み付くが、逃げられる。証拠の胴乱を拾う-町、文治に仇討を頼む心算。文治、町と結婚-婚礼の晩から毎晩大伴を討ちに出かけるが叶わない-喜代之助召し返し-阿部、大伴を強請ったため殺害される-亥太郎、親の葬式代を借りに来る。借金のかたに胴乱を渡す-町より、父所持の貞宗の刀の話を聞く-大伴蟠作とお村親子を殺害。貞宗の刀を発見

[出典:http://homepage3.nifty.com/nadokoro/kogai/bunji.htm]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 文七元結

文七元結(ぶんしち もっとい)は、三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 安中草三牢破り

柳生流奥義の伝書を持つ恒川半三郎と、その剣の弟子で家臣の草三郎(安中草三)。 二 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)心中時雨傘(上・下)

あらすじ 根津権現の祭りは勇壮だった。 祭りの準備で屋台が出て、その上根津の遊廓 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)今戸の狐

こつ(千住)、ばくちの狐など、分かりにくい言葉が多いので、マクラで志ん生はこれら …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)お初徳兵衛(舟徳原話)

あらすじ 遊びが過ぎて勘当をされた若旦那の徳兵衛は、いつも世話をしていた柳橋の船 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 業平文治(なりひらぶんじ)

あらすじ 寛永の頃に本所の業平村に浪島文治郎という人がいた。 この人の父親は堀丹 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)うなぎや
古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)化け物使い

あらすじ 本所の割り下水に住む元武家の吉田さんは人使いの荒い隠居で有名であった。 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)抜け雀(1956年)

あらすじ 小田原宿に現れた若い男。 色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重 …