【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓遊(四代目)夏泥(置泥おきどろ)

   

Sponsored Link

置泥(おきどろ)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永7年(1778年)に出版された笑話本『気の薬』の一遍である「貧乏者」。
別題として「夏泥」。元々は『打飼盗人』という上方落語の演目で、大正末期に初代柳家小はんが東京に移植した。

原話は、忍び込んだ家の極貧ぶりに同情した泥棒が、住人である夫婦にお金を恵んであげるという物。
帰ろうとする泥棒に、夫婦が大声で「泥棒!」と声をかけるので、頭に来た泥棒が怒鳴り返すと『煙草入れを忘れました』と言われるのがオチとなっている。
上方版も含め、古くは泥棒の忘れ物を届けるオチが使われていたが、最近はインパクトがないと思われたのか上述のごとく「また来てくれ」と落とすパターンが多い。
そのほかにも、泥棒が「質入れしたころにまた来い」と頼まれたり、煙草入れを届けてもらった後で「また来てね」と言われるなど、さまざまなバリエーションの話が存在している。

出典:武藤禎夫「定本 落語三百題」

夏どろ/置き泥/置泥

Sponsored Link

 - 三遊亭圓遊(四代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓遊(四代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

■三遊亭圓遊(四代目)浮世床
三遊亭圓遊(四代目)権助提灯

『権助提灯』(ごんすけちょうちん)は古典落語の演目の一つ。 大店に雇われている田 …

三遊亭圓遊(四代目)湯屋番
三遊亭圓遊(四代目)長屋の花見(貧乏花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

三遊亭圓遊(四代目)噺家の夢
三遊亭圓遊(四代目)堀の内

あわて者の熊五郎は、自分のそそっかしい癖を信心で治そうというかみさんの提案で「堀 …

三遊亭圓遊(四代目)古手買い(ふるてがい)

「熊さん!」 「源さんか、入りなよ」 「驚いちゃった。おカミさんと食事をしていた …

三遊亭圓遊(四代目)松竹梅

1977年(昭和52年)12月16日録音 松竹梅(しょうちくばい)は古典落語の演 …