【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)夏の医者

      2018/12/10

Sponsored Link

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。
原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・『軽口独狂言』の一遍である「蛇(うわばみ)の毒あたり」。
主な演者として、6代目三遊亭圓生2代目桂枝雀、三遊亭鳳楽などがいる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) 質屋庫(質屋蔵)
三遊亭圓生(六代目)汲みたて

稽古事の師匠は若い女性に限ります。 暑いさなか当然男連中のお弟子さんが付きます。 …

三遊亭圓生(六代目)五人廻し

江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれ …

【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】
三遊亭圓生(六代目) 初音の鼓

あらすじ さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度に殿に胡散臭いものを売りつける古 …

no image
三遊亭圓生(六代目) けち競べ
三遊亭圓生(六代目) 能狂言
三遊亭圓生(六代目) 小判一両

これは江戸の中頃のお話しでございますが、今戸八幡様の鳥居前に茶店がございまして、 …

三遊亭圓生(六代目) 遠山政談
■三遊亭圓生(六代目) なめる

なめるは、落語の演目の一つ。『今昔物語集』に原型がある艶笑噺。 別題は『重ね菊』 …