【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)夏の医者

      2018/12/10

Sponsored Link

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。
原話は、明和2年(1765年)に出版された笑話本・『軽口独狂言』の一遍である「蛇(うわばみ)の毒あたり」。
主な演者として、6代目三遊亭圓生2代目桂枝雀、三遊亭鳳楽などがいる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

三遊亭圓生(六代目) 艶笑噺(えんしょうばなし・おいろけばなし)
三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教え …

三遊亭圓生(六代目) 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間に南の町奉行へ、佐々木信濃守と言う方が職につきましたが、調べの …

三遊亭圓生(六代目) 小判一両

これは江戸の中頃のお話しでございますが、今戸八幡様の鳥居前に茶店がございまして、 …

三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが嫌いな人。ある時、風邪をひ …

■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

あらすじ 西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。 ここのところ、過労もあ …

三遊亭圓生(六代目) 無精床(けんつく床)

無精床(ぶしょうどこ)は落語の演目の一つ。 親方も小僧も無精きわまりない無茶苦茶 …

三遊亭圓生(六代目) 操競女学校(みさおくらべおんながっこう)~お里の伝~