【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)寝床

   

Sponsored Link

旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めない人にはお茶と羊羹を揃えて、座席の用意をさせる。
さて当日になって、何人集まるか番頭に聞くと、やれ無尽だお産だと誰も来ない。すっかり臍を曲げた旦那は「もう義太夫は語らない、その代わり長屋の住人は店を空けろ、店の者には暇を出すからみんな出て行け」と。
こりゃ困ったと知恵者が音頭を取って、旦那をなだめにかかる。「どうしても旦那さんの語りを聞きたい」とおだてられ、最初は渋っていた旦那が機嫌を直して会が始まった。
しばらくしたら客は次々と寝てしまった。これに気が付いた旦那は怒り出したが、小僧の定吉が一人だけ泣いている。
「おお、お前さんは義太夫が分かるんだね、どこが悲しかった、馬方三吉子別れかね」
「そんなとこじゃねぇ、あそこだ」
「あそこは、私が義太夫を語った床じゃないか」

「わたくしの、あそこが寝床でござんす」

[出典:https://addieworks.typepad.jp/rakugo/2012/04/三遊亭金馬三代目-寝床.html]

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)大師の杵(だいしのきね)

空海上人23歳の時、武蔵の国・橘郡(たちばなごおり)平間村、今の神奈川県川崎に来 …

三遊亭金馬(三代目)  歳暮回し

 

三遊亭金馬(三代目)勉強(清書無筆改作)
三遊亭金馬(三代目) 錦の袈裟

あらすじ 町内の若者たちが吉原へ遊びに行くについて相談をした。 「質屋に何枚か質 …

三遊亭金馬(三代目)茶の湯

あらすじ 蔵前の旦那が根岸に茶室付きの家を買って、隠居した。 せっかくだからと茶 …

三遊亭金馬(三代目) 二十四孝(にじゅうしこう)*

あらすじ 江戸のとある町に住む男(八五郎)は、たいへんな大酒飲みで、また同居して …

三遊亭金馬(三代目)湯屋番

湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てく …

三遊亭金馬(三代目)寄合酒(寄り合い酒)

あらすじ 特級酒を二本貰ったからみんなで飲もう。 銭を集めて肴を買おうとしたが、 …

■三遊亭金馬(三代目) 薮入り

藪入り かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは真なりけり」「立てば這え這えば歩 …

三遊亭金馬(三代目) 片棒

片棒(かたぼう)は古典落語の演目の一つ。 原話は宝永2年(1705年)に出版され …