【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小さん(五代目)猫久(ねこきゅう)

   

Sponsored Link

長屋に住む行商の八百屋・久六は、性格がおとなしく、怒ったことがないところから『猫久』、それも省略して、『猫』、猫と呼ばれている。

その男がある日、人が変わったように真っ青になって家に飛び込むなり、女房に「今日という今日は勘弁できねえ。相手を殺しちまうんだから、脇差を出せッ」と、どなった。
真向かいで熊五郎がどうなるかと見ていると、かみさん、あわてて止めると思いの外、押入れから刀を出すと、神棚の前で、三回押しいただき、亭主に渡した。
「おい、かかァ、驚いたねえ。それにしても、あのかみさんも変わってるな」、「変わってるのは、今始まったことじゃないよ。亭主より早く起きるんだから。井戸端で会ってごらん『おはようございます』なんて言やがるんだよ」、「てめえの方がよっぽど変わってらァ」と話して、熊が髪結い床に行こうとするとかみさんが「今日の昼のお菜はイワシのぬたなんだから、ぐずぐずしとくと腐っちまうから、早く帰っとくれ。イワシイ・ワシッ」と、がなりたてる。

「かかァの悪いのをもらうと六十年の不作だ」と、ため息をついて髪結い床に行くと、今日はガラガラ。親方に猫の話を一気にまくしたてると、側で聞いていたのが五十二、三の侍。 「ああ、これ町人、今聞くと猫の妖怪が現れたというが、拙者が退治してとらす」と、なにか勘違いをしているようす。
 熊が、実は猫というのはこれこれの男手、と事情を話すと 「しかと、さようか。笑ったきさまがおかしいぞ」、急にこわい顔になって「もそっと、これへ出い」 ときたから、熊五郎はビクビク。
「よ~っく承れ。日ごろ猫とあだ名されるほど人柄のよい男が、血相を変えて我が家に立ち帰り、刀を出せとはよくよく逃れざる場合。 また日ごろ妻なる者は夫の心中をよくはかり、これを神前に三回いただいてつかわしたるは、先方に怪我の無きよう、夫に怪我の無きよう神に祈り夫を思う心底。身共にも二十五になる伜があるが、ゆくゆくはさような女を娶らしてやりたい。後世おそるべし。貞女なり孝女なり烈女なり賢女なり、あっぱれ あっぱれ」。

熊、なんだかわからないが、つまり、いただく方が本物なんだと感心して、家に帰ってくる。 途端に「どこで油売ってたんだ。イワシ・イワシッ」とくるから、こいつに一ついただかしてやろうと、侍の口調をまねる。「男子・・・よくよくのがれ・・・のがれざるやと喧嘩をすれば」、「ざる屋さんとけんかしたのかぃ」、「夫はラッキョ食って立ち帰り、日ごろ妻なる者は、夫の真鍮磨きの粉をはかり、怪我のあらざらざらざら、身共にも二十五になる伜が」、 「おまえさんも二十五じゃないか」、「あればって話だ。オレが何か持ってこいって言ったら、てめえなんざ、いただいて持ってこれメェ」、「そんなこと、わけないよ」言い合っているうち、イワシを本物の猫がくわえていった。

「ちくしょう、かかァ、そのその摺粉木(すりこぎ)でいいから、早く持って来いッ。張り倒してやるから」

「待っといでよう。今あたしャ(摺粉木を)いただいてるところだ」。 

[出典:https://rakugonobutai.web.fc2.com/338nekokyuu/nekokyuu.html]

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小さん(五代目)うどん屋

柳家小さん 十八番「うどん屋」。 まくらは、くずや、そば屋の小声で呼ばれたほうが …

■柳家小さん(五代目)長者番付(うんつく酒)
柳家小さん(五代目)三人旅

あらすじ 三人で旅をしている途中、歩き疲れたので馬でも乗ろうか。 馬賃を値引きし …

柳家小さん(五代目)粗忽の釘

5代目柳家 小さん(やなぎや こさん、1915年〈大正4年〉1月2日 &#821 …

★柳家小さん(五代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

柳家小さん(五代目)本膳

あらすじ とある村の、庄屋の家で祝言(結婚式)があり、村人一同が祝物を送った。 …

柳家小さん(五代目)花見小僧

あらすじ ある大店の一人娘、おせつは昨年から何度も見合いをしているが、何やかやと …

柳家小さん(五代目)出来心(花色木綿)

1966年(昭和41年)の音源 別名:花色木綿。泥棒噺の一席。 ※2015年2月 …

柳家小さん(五代目)紙入れ

貸本屋の新吉。出入り先のおかみさんから、今日は旦那の帰りがないから泊まりにおいで …

■柳家小さん(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …