【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂春團治(二代目)猫の災難

      2018/07/21

Sponsored Link

プロフィール

2代目 桂 春団治(2だいめ かつら はるだんじ、1894年8月5日 – 1953年2月25日)は、落語家(上方噺家)。本名: 河合 浅治郎。
身長160センチメートルに対し腹周り150センチメートルという愛嬌ある体格で、師匠・初代桂春團治ゆずりの爆笑型の本格的な滑稽噺を演じ、初代をしのぐ人気を誇った。人物描写を細部にわたって施した独特の話芸は、「初代よりも上手い」と評する専門家が多い。
東京の8代目桂文楽は「関西の名人」と称え、6代目笑福亭松鶴は青年時代に陶酔し、いくつかの演目を受け継いだ。
大阪・朝日放送ラジオの開局記念特別番組『春團治十三夜』のために、放送日の数か月前に録音されたとされるテープ音源は、落語のライブ(会場にマイクを設置し、観客の反応を同時に収録する)形式の音源としては、東西を通じて現存が確認できる最古のものである。
3代目桂春団治は彼の実子である。

Sponsored Link

 - 桂春團治(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした