【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)年枝の怪談(ねんしのかいだん)

      2018/08/03

Sponsored Link

あらすじ

春風亭柳枝の弟子で、若手の年枝が宿屋で呼んだ按摩が、年枝と悉くぶつかった。
年枝が柔術初段だというと、自分は二段だと反発する。宿では乱取も出来ないから、絞めっこで決めよう、さぁ先に絞めておくれ。

それならと、年枝が絞め技をかけると、あっけなく死んでしまった。按摩の死体を戸棚に放り込み、翌朝、師匠に相談すると、自首を勧められたが、咄家でなくお喋り屋と言われたのが気になるから芸を磨くと、旅に出てしまった。

地方を巡って名を上げた。金沢で怪談話をかけた夏、客席に死んだ按摩の顔。宿に戻ると風呂場にまた按摩がいた。

按摩の供養にと仏門に入り、別寺を任される程になった。
ふと前を見ると、柳枝一座の地方公演のビラ。なつかしさの余り、夜を待って宿舎を訪ねた。師匠の話によれば、あの按摩は死なずに生きている、さぁ一緒に東京に帰ろう。はい。

「目出度いことだ、皆で手を締めよう」

「いや、絞めるのは懲り懲りです」

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

林家彦六(八代目 林家正蔵)ステテコ誕生

「ステテコ踊り」で有名になった明治時代の落語家、初代三遊亭圓遊にまつわる噺。 「 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 戸田の渡し(お紺殺し)
林家彦六(八代目 林家正蔵)蒟蒻問答(こんにゃく問答)

[落語でブッダ2-収録]

林家彦六(八代目 林家正蔵)普段の袴

あらすじ 上野広小路の御成街道には、お侍相手の武具店が多くあった。 そのうちの一 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵)毛氈芝居(もうせんしばい)
林家彦六(八代目 林家正蔵)怪談累草紙(かさねぞうし)~親不知の場

二代目三遊亭圓生作、通称“古累(ふるがさね)”と称する「累草紙-親不知の場」の一 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)指切り

『者(しゃ)』のつく職業は大変です。学者、医者、易者、役者、芸者、噺家は者が付き …

林家彦六(八代目 林家正蔵)首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

林家彦六(八代目 林家正蔵) めだか

高知の須崎の港、廻船問屋の大黒屋満七は大変人がよく仏の満さん呼ばれていた。子供が …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 五月雨坊主

神田・橋本町に願人坊主が多く住んでいた。 文政6年、江戸も爛熟していたが、五月雨 …