【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

林家彦六(八代目 林家正蔵)年枝の怪談(ねんしのかいだん)

      2018/08/03

Sponsored Link

あらすじ

春風亭柳枝の弟子で、若手の年枝が宿屋で呼んだ按摩が、年枝と悉くぶつかった。
年枝が柔術初段だというと、自分は二段だと反発する。宿では乱取も出来ないから、絞めっこで決めよう、さぁ先に絞めておくれ。

それならと、年枝が絞め技をかけると、あっけなく死んでしまった。按摩の死体を戸棚に放り込み、翌朝、師匠に相談すると、自首を勧められたが、咄家でなくお喋り屋と言われたのが気になるから芸を磨くと、旅に出てしまった。

地方を巡って名を上げた。金沢で怪談話をかけた夏、客席に死んだ按摩の顔。宿に戻ると風呂場にまた按摩がいた。

按摩の供養にと仏門に入り、別寺を任される程になった。
ふと前を見ると、柳枝一座の地方公演のビラ。なつかしさの余り、夜を待って宿舎を訪ねた。師匠の話によれば、あの按摩は死なずに生きている、さぁ一緒に東京に帰ろう。はい。

「目出度いことだ、皆で手を締めよう」

「いや、絞めるのは懲り懲りです」

Sponsored Link

 - 林家彦六(八代目 林家正蔵)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

林家彦六(八代目 林家正蔵)生きている小平次

江戸木挽町の山村座から奥州路に旅興行に出ましたが、その中に小役者の小幡小平次(こ …

林家彦六(八代目 林家正蔵)菊模様皿山奇談(弐)~楼門の場

かつて将軍家から拝領した菊模様の三十枚の皿、この皿を割った者は指を切るとの遺言が …

林家彦六(八代目 林家正蔵)二つ面

昔は寄席で一年中怪談噺をしたものです。一朝老人なんかもやっていましたが、ただ、正 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵) 死ぬなら今

あらすじ しわいやのケチ兵衛という男、爪に灯をともすようにして金を貯め込んできた …

林家彦六(八代目 林家正蔵)ステテコ誕生

「ステテコ踊り」で有名になった明治時代の落語家、初代三遊亭圓遊にまつわる噺。 「 …

■林家彦六(八代目 林家正蔵)中村仲蔵

あらすじ 明和3年(1766年)のこと。 苦労の末、名題(なだい)に昇進にした中 …

林家彦六(八代目 林家正蔵) 粟田口霑笛竹(あわだぐちしめすふえたけ)

三遊亭圓朝作 粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分) あわだぐちしめすふえたけ(さわの …

林家彦六(八代目 林家正蔵) 大名小噺
【リレー落語】三遊亭圓生~林家正蔵【真景累ヶ淵】
■林家彦六(八代目 林家正蔵) 戸田の渡し(お紺殺し)