【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂春團治(三代目)野崎詣り

   

Sponsored Link

聴き比べ ⇒ 初代桂春團治 野崎詣り

野崎詣り(のざきまいり)は、上方落語の演目のひとつ。

原話は、1720年(享保5年)に出版された笑話本『軽口福ゑくぼ』の一編「喧嘩はどうじゃ」

(男が、田舎侍に橋の上で因縁をつけられたので、「山椒は小粒でもヒリヒリ辛い」と見得を切ろうとするが、「山椒は」で言葉に詰まってしまう。それを見た往来の人が「小粒だ」と助けると、田舎侍が刀を投げ捨てて這いつくばり、その「小粒」を探し始めるというもの。「小粒」は豆板銀の通称でもある)。

北河内の寺院・慈眼寺(野崎観音)の同名の行事および、その参拝客の間に伝わる風習を題材にした噺。

代々の桂春團治のお家芸として知られる。なお、代々の春團治が用いる出囃子は同演目の舞台にちなむ『野崎』(人形浄瑠璃および歌舞伎の『新版歌祭文』のうち「野崎村」の段より)である。

あらすじ

晩春のよく晴れた日。野崎観音の門前は大勢の参拝客でにぎわっている(※ここで演者が「その道中の陽気なこと」と言うのをきっかけに、下座からハメモノとして『扇蝶』が入る)。

喜六と清八も同様に、野崎観音へ向かう。道中、喜六が「歩き疲れた」と言うので、清八は住道まで船に乗っていくことを提案するが、喜六は「船というモンは、板1枚下は地獄や」と言い張り、清八の誘いを強く渋る。

清八は「板1枚上は極楽やと思わないかん。歩かいで(=歩かないで)ええさかい、腹減らん。土手で風を浴びんさかい、ほこりに遭わん」と利点を言い聞かせて喜六を納得させ、荷物運搬用の小舟(野崎詣りの期間中だけ参拝客用に運航していた)に乗り込む。

艫(とも=船尾)に座っていた喜六は、船頭に「すまんけど、手助けに艫ォ張って(=たたいて)もらえんか」と頼まれ、清八を殴る。船頭は「友達どついて(=殴って)船が出るかい。

そこの杭持ってきばって(=力を入れて)くれ、言うたんや」と説明する。船頭は待つが、いつまでたっても船が動かない。振り返ってみると、喜六は杭に力一杯しがみついて、うなっている。船頭が「その杭を突いてくれ、ちゅうのがわからんかえ」とさらに噛み砕いて説明したので、ようやく船を出発させることができる。

喜六が堤を見上げると、美しい女が歩いているので、思わずはやし立て、騒ぐ。清八がたしなめると、喜六は「わい、黙ってたら口の中に虫が湧く性分やねん」とまぜ返す。

清八は「ほたら(=それなら)丁度ええわい、土手通ってる連中と、喧嘩せえ」と吹き込む。喜六が「土手の上から石投げられたら、逃げられへんで、わい負ける」とおびえると、清八は「アホやなあ、野崎詣りの喧嘩は『振売喧嘩』ちゅうて、手ェひとつ出さん、口だけで喧嘩するここの名物やがな。船に乗ったモンと土手歩くモンで口喧嘩して、喧嘩に勝てば、その年の運がええという、運定めの喧嘩や。船が着いて、土手に上がったら、仲直りしもって、踊りながら行て、どっかで酒飲むねん」と教える。喜六は乗り気になり、さっそく喧嘩を売り始める。

「おーい、向こう行く奴ー」「アホか、みな向こう行くがな。誰なら誰、て言わんかえ」「あ、そうか。おーい、誰なら誰ー」「……皆、こっち見て笑(わ)ろてるがな。あこ(=あそこ)に、女に傘さしかけて歩いてるのおるやろが、あれを相手に取れ」「どない言うたらええね?」「『おーい、そこの女に傘をさしかけてる奴ー。夫婦(めおと)気取りで歩いてけつかるけども、それはおのれ(=お前)の嬶(かか)やなかろ。どこぞの稽古屋のお師匠(おっしょ)はんをたらしこんで、住道あたりで酒塩(さかしお)で胴がら炒めて(=酔わせて)、ボーンと蹴倒そう(=わが物にしよう)と思てけつかる、ちゅう魂胆やろが、分不相応じゃい。稲荷さんの太鼓で、ドヨドン(=雑用損:ぞうようぞん と太鼓の音をかけた、無駄金であるという意味の地口)じゃ』とこうやれ」「……それわいが言うんか?」「横から教えたるさかい、呼び止めェ」

「おーい、女に傘をさしかけてる奴ー」「へーえ、わたいでっかー」「へえへえ、あんたでやっせー」「どアホ、喧嘩にそないな丁寧な言い方言うてどうするねん」「おーい……め、夫婦気取りで、あ、歩いてけつかるけどもー……なあ、せやな?」「『それはおのれの嬶やなかろ』や」「そ、それは、おのれの嬶やなかろ。……住道あたりでなあ、ドン、ドン、ドンガラ、ボンボン、チキチキ、あのー……それはいかんぞ。ドヨドーン、ドヨドーン」「……それは違いますぞな。これはうちの家内じゃ。これから仲よく参拝いたしますのじゃ」「へえ。それはまあ、お楽しみ……」喧嘩が喜六の敗北となりかけたところ、清八が「おーい、馬の糞踏んでるぞー」と叫ぶ。すると、男は「どこにー」と返しつつ、下を向く。清八は「嘘じゃーい。……これでわいの勝ちや」と誇る。

Sponsored Link

以下、喧嘩をする人物やその順序、喧嘩の文句は演者によってさまざまに異なる。相合傘で歩く夫婦連れの登場はほぼ共通するが、他に以下のような人物が登場する。

「馬の糞踏んでるぞー」に感心した喜六が、背の大きな男に「おーい、そこのどでかい奴ー。馬の糞踏んでるぞー」と叫ぶ。すると大男は、「踏んだらどないしたんじゃい。こいつを踏むと背が高(た)こなンのんじゃ」と言い返す(子供が馬糞を踏むと、背が伸びるという俗信がある)。清八は大男の背の高さに目をつけ、「『まだ高こなりたいのんか、入日(いりび)の影法師(かげぼし)。半鐘盗人(ぬすと)。燈明台(とうみょうだい)の油さし。ヒョロ長のアホー』とこう言うたれ」と喜六に吹き込み、退散に成功させる(あるいは退散せず、終盤の喧嘩になだれ込む)。

頭をかきながら歩いている男。清八が男の袖から見える襦袢に目を付け、「『自慢の襦袢が見せたいがために、頭かいて歩いてんねやろ。そない見せたいなら、竹の棒にでもくくり付けて、ひけらかして歩け』とこう言わんかい」と喜六に吹き込む。喜六は、「頭やのうて、ホンマは尻が痒いねやろー」となじるが、一向にこたえない。男が威勢よく「悔しかったら着て来んかい」と言うと、ひるんだ喜六は「金に困って質に入れた(あるいは、屑屋に売った)」と口走る。

清八は、堤から自分たちの船に向けて、「片仮名の『ト』の字のチョボがへたった」と叫ぶ声を耳にする。喜六が「何のこっちゃねん」とたずねると、清八は「俺が背が高(たこ)うて、お前は背が低い。せやから、お前のことを『トの字のチョボ』、とこう言うとんねや」と謎を解いてみせ、「感心してる場合やない。おい、『小さい小さいと軽蔑さらすな。大きいのんが何の役に立つかえ。天王寺の仁王さん、体は大きいが、門番止まりやないかい。それにひきかえ、江戸は浅草の観音さん、お身丈は1寸8分(=約5.45センチメートル)でも18間(=約32.7メートル)四面のお堂に入ってござる。山椒は小粒でも、ヒリヒリ辛い』と言うてやれ」と喜六に吹き込む。

「おーい、小さい小さいとなあ。センベツすなー」「軽蔑やがな」「江戸はなあ。コラ……江戸はドサクサ、いや深草」「浅草や」「浅草の観音さんは、お身丈は18間でも1寸8分のお堂に入ってござる」「そら、さかさまや」「ああ、さかさまのお堂じゃ、アホンダラー。山椒は……山椒は、ヒリヒリ辛いわい」

堤の男は、「それを言うなら山椒は『小粒でも』ヒリヒリ辛いじゃ、お前のは『小粒』が落ちとるぞ」と叫び返す。喜六は思わず、「どこにー」と言いながら下を向く。「おい、チビー。何を下向いとおるんじゃい」

「へえ。落ちた小粒を、探しております」

[出典:Wikipedia]

 

Sponsored Link

 - 桂春團治(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂春團治(三代目)katuraharudanji
■桂春團治(三代目)高尾(反魂香)

『反魂香』(はんごんこう)または『高尾』(たかお)は古典落語の演目の一つ。 原話 …

桂春團治(三代目)katuraharudanji
桂春團治(三代目)有馬小便(ありましょんべん)

上方落語の演目の一つ。原話は、米沢彦八が元禄16年(1703年)に出版した「軽口 …