【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬生(十代目)抜け雀

   

Sponsored Link

あらすじ

小田原宿に現れた若い男、色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重は日に焼けて赤羽二重。
紋付も紋の白いところが真っ黒。誰も客引きはしないが、袖を引いたのが、夫婦二人だけの小さな旅籠の主人。
男は悠然と「泊まってやる。内金に百両も預けておこうか」と言った。安心して案内すると、男は、おれは朝昼晩一升ずつ飲むと、宣言。
その通り、七日の間、一日中大酒を食らって寝ているだけ。
こうなるとそろそろ、かみさんが文句を言いだした。
危ないから、ここらで内金の5両を入れてほしいと催促してこいと、気弱な亭主の尻をたたく。ところが男「金はない」
「だってあなた、百両預けようと言った」
「そうしたらいい気持ちだろうと」

男の商売は絵師。
「抵当(かた)に絵を描いてやろうか」
「絵は嫌いですからイヤです」

新しい衝立(ついたて)に目を止めて「あれに描いてやろう」
それは、江戸の経師屋の職人が抵当に置いていったもの。

「だめです。絵が描いていなければ売れるんです」
亭主をアゴで使って墨をすらせ、一気に描き上げた。

「どうだ」
「へえ、何です?」
「おまえの眉の下にピカッと光っているのは何だ」
「目です」
「見えないならくり抜いて、銀紙でも張っとけ。雀が五羽描いてある。一羽一両だ」

これは抵当に置くだけで、帰りに寄って金を払うまで売ってはならないと言い置き、男は出発。

とんだ客を泊めたと亭主にぼやくし、朝になっても機嫌悪く女房は起きない。亭主が二階の戸を開けると朝日が差し込み雀が鳴きながら外に出て行った。はて変だとヒョイと見ると、例の衝立が真っ白。
外から先程の雀が戻ってきて何と絵の中に納まった。

これが小田原宿中の評判を呼び、泊まり客がひっきりなしで、大忙し。
それから絵の評判が高くなり、とうとう藩主・大久保加賀守まで現れて感嘆し、この絵を千両で買うとの仰せ。
絵師が現れないと売れない。

数日後、六十すぎの品のいい老人が泊まり、絵を見ると
「さほど上手くは無い。描いたのは二十五、六の小太りの男であろう。心が定まらないから、この様な雀を描く。この雀はな、止まり木が描いていないから、自然に疲れて落ちて死ぬ」
嫌がる亭主に書き足してやろうと硯を持ってこさせ、さっと描いた。
「あれは、何ですか」
「おまえの眉の下にピカッと光っているのは何だ?」
「目です」
「見えないならくり抜いて、銀紙でも張っとけ。これは鳥かごだ」

なるほど、雀が飛んでくると、鳥かごに入り、止まり木にとまった。
老人、「世話になったな」と行ってしまった。

それからますます絵の評判が高くなり、また藩主・大久保加賀守が現れてこの絵を二千両で買うとの仰せ。
亭主は律儀に、絵師が帰ってくるまで待ってくれと売らない。

それからしばらくして、仙台平の袴に黒羽二重という立派な身なりの侍が「あー、許せ。一晩やっかいになるぞ」。
見ると、あの時の絵師だから、亭主は慌てて下にも置かずにごちそう攻め。

老人が鳥かごを描いていった次第を話すと、絵師は二階に上がり、衝立の前にひれ伏すと
「いつもながらご壮健で。不幸の段、お許しください」

聞いてみると、あの老人は絵師の父親。

「あー、おれは親不孝をした」
「どうして?」、
「衝立を見ろ。我が親をかごかきにした」

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
■金原亭馬生(十代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。 原話は不明だが、江戸時代から高座にかけら …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)お富与三郎~与話情浮名横櫛(島抜け)

美男美女に生まれて災いを残しましたお富と与三郎。木更津の親分赤間源左衛門の妾・お …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)火事息子

江戸の町。神田にある質屋の大店「伊勢屋」の若旦那は、子供の頃から、どういうわけか …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)富久
金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)吝い屋(しわい屋)
金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)幾代餅

別題:幾代餅の由来 「搗き米屋(精米業者)に勤める清蔵が幾代太夫に恋をし、一途な …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)ざる屋(ざるや)

縁起担ぎのお噺です。元は上方ネタで、上方では「米揚げいかき」の題で演じられます。 …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)そば清(蛇含草)
金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あく …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo
金原亭馬生(十代目)碁泥(碁どろ)

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京 …