【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)お化け長屋

   

Sponsored Link

あらすじ

長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが借りに来たら、一番古株の杢兵衛さんが差配になりすまして怖い話をして追い返すことにした。
話の筋はこうだ。

あの空き屋には以前後家さんが一人で住んでいたが、ある夜、強盗が押し入って胸を刺されて、部屋は一面血の海となり、後家さんは殺されてしまった。

それ以来、新しい借り主が住み込むと、三日目の雨の夜に化けて出て来るのだと。
一人目は気弱そうな男で、怪談話をして怖がらせたところで冷たい濡れ雑巾で頬をなでると、驚いて一尺も飛び上がり、財布を落として逃げて行った。

うまくいったと喜んで、二人目にも同じように怪談話をするが、威勢のいい職人でちっとも怖がらない。
逆に面白がって、店賃が只ならすぐに引っ越して来ると言い残して帰っちまった。

「ところで財布を落さなかったかい」

「あれれ、前の財布を持って行っちゃった」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目) おさん茂兵衛

深川やぐら下は花柳界でも非常に勢いがあった。 そこから縮緬浴衣の揃いを深川仲町呉 …

三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが嫌いな人。ある時、風邪をひ …

三遊亭圓生(六代目)粥やろう(かいやろう)

『粥やろう』は古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「国太夫節」とも。「国太夫節」 …

三遊亭圓生(六代目)しわい屋(始末の極意)

上方落語の演題は『始末の極意(しまつのごくい)』 あらすじ 演者はまず、以下のよ …

■三遊亭圓生(六代目)三年目

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。 4代橘家圓喬(たちばな …

三遊亭圓生(六代目) 御神酒徳利(占い八百屋)

御神酒徳利(おみきどっくり)は、落語の演目の一つ。 中国、トルコなどにも類似の民 …

■三遊亭圓生(六代目)死神

↓↓昭和43(1968)年8月22日 人形町末廣の高座。圓生68歳。

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

三遊亭圓生(六代目) 緑林門松竹(みどりのはやしかどのまつたけ)
no image
三遊亭圓生(六代目) 四宿の屁(四宿のおなら)

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原 …