【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん朝 お茶汲み

      2018/07/11

Sponsored Link

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という女郎が、いきなり悲鳴を上げた。
聞けば、駆け落ちをした男の病気を治そうと、金のためにこんな世界に身を沈めたが男は死んでしまったという身の上。その男とそっくりだったので、思わず声を上げたのだという。
年季があけたら一緒になりたいと泣くのを見ると、目のふちにさっきまで無かった泣きぼくろが出来ている。
湯飲みのお茶を目になすっていたので茶殻が付いたのだ。
「いやあ、面白かった」という話を聞いた男、その店に出掛けて行くと、女を見たとたんに悲鳴を上げ、駆け落ちをした女が身を売ってくれたが、病気で死んでしまった……と女のお株を奪ってしまう。

「どうか年季があけたら一緒になっておくれ……おい、どこへ行くんだい」

「ちょっとお待ち。今お茶を入れてあげるから」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生 【富久】

親子三人による、貴重なリレー落語です。 データ 昭和33年(1958年)録音。 …

古今亭志ん朝 搗屋幸兵衛

町内を小言を言いながら一回りして帰ってきた。 犬に小言を言って、天気にまで小言を …

古今亭志ん朝/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん朝 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間のこと。 名奉行で知られた南町奉行・佐々木信濃守が、非番なので …

古今亭志ん朝/三年目

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。 4代橘家圓喬(たちばな …

古今亭志ん朝 火事息子

田三河町の質屋の近くで火事が出た。火はは下火だが、蔵の目塗りをしていない。 職業 …

■古今亭志ん朝 そば清(蛇含草)
古今亭志ん朝 駒長

あらすじ 借金で首が回らなくなった夫婦。 なかでも難物は、五十両という大金を借り …

古今亭志ん朝 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

■古今亭志ん朝/井戸の茶碗

あらすじ くず屋の清兵衛は曲がったことが大嫌い。人呼んで正直清兵衛。 ある日、み …