【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)浅井の化け物娘(本所七不思議・置いてけ堀)

      2017/08/14

Sponsored Link


古今亭志ん生(五代目) 浅井の化け物娘(本所七不思議・置いてけ堀)

別題:おいてけ堀・本所七不思議 昭和41年録音
明治時代の雑誌「百花園」に、二代目禽語楼小さんが怪談噺の発端として「化け物娘」を載せている。志ん生はこの速記で覚えたらしいが、本所七不思議のひとつ、「置いてけ堀」に結びつけている。

※岡本綺堂の「置いてけ堀」という作品に、本所七不思議が並べられている。
放送ではやらず、ホール落語でたまにやったが、東京落語会では「置いてけ堀」、精選落語会では「本所七不思議」の題で演じた。

Sponsored Link

oitekebori
『本所七不思議之内 置行堀』歌川国輝・画

あらすじ

本所の割下水(わりげすい)に住む、旗本浅井久之の娘は、小さいときに疱瘡にかかったうえに、囲炉裏に落ちて顔をやけどしてしまい二度と見られない顔になった。

年頃になるとますますひどい顔になり、浅井の化け物娘と評判になる。母親はそれを苦に自殺してしまった。

この浅井家に、傘屋の伊之助という若者が居候に来た。ある寒い晩、伊之助は寒いので一緒に寝た。親はあんな顔の娘だから何事も無いだろうと思っていたが、そこは男と女のこと、娘が妊娠してしまった。伊之助は困って、蕎麦屋をしている叔父の家に娘を連れて行き、そこへ娘をおいてどこかへ逃げてしまう。

娘は割下水へ身を投げて死ぬ。それから近所へ化けて出たという…

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

古今亭志ん生(五代目)宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん生(五代目)佃祭(つくだまつり)

佃祭(つくだまつり)は、落語の演目の一つ。 住吉神社の夏の祭礼で賑わう佃島を舞台 …

古今亭志ん生(五代目)お茶汲み

狂言『墨塗女』をもとに軽口噺『墨ぬり』が出来る。上方落語では『黒玉つぶし』で演じ …

古今亭志ん生(五代目) 付き馬(早桶屋/吉原風景)

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …

古今亭志ん生(五代目) 雨の将棋
古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目) 五目講釈

上方では「居候講釈」の演題が使われる。 志ん生は一時、三代目小金井蘆洲(小金井芦 …

no image
古今亭志ん生(五代目) 搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

あらすじ 家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を …

古今亭志ん生(五代目) 疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …