【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 お菊の皿(皿屋敷)

   

Sponsored Link

あらすじ

長屋に住んでる粗忽者たち。

どこからか幽霊の出る屋敷があると聞きつけ、もの知りのご隠居さんに尋ねてみると、さすがご隠居、そりゃあ番町の皿屋敷のことだと、すぐに教えてくれました。

お菊さんの悲しいさだめを聞かされた好奇心旺盛の連中は、幽霊の出る井戸へと向かうことにしたのです。

でも、お菊さんが九枚まで数えてしまうと、みんなたたられて、死んでしまうから、六枚の所で返ってくるようにとご隠居からは、きつく言い聞かされます。

さて、屋敷に着いて、井戸のそばに身を隠すとお菊さんの出てくるのをおっかなびっくり待ちうけておりました。

やがて、丑三つ時、鐘の音が、ぼーん、ぼーんと、聞こえると、皿を抱えた幽霊のお菊さんが現れ、

「一まーい、二まーい……」と数えはじめます。

連中、びくびくしながらも、「いいおんなだねえ。女房にしたいねえ」なんてのんきなことを考えてしまい、そして「六まーい……」で、あわてて命からがら逃げ出すのでした。

お菊さんにすっかり見せられた連中は、スリルを味わいながらも二度、三度と足繁く通うようになりまして、やがてそのうわさは町中に広まります。

お菊さんの井戸の周りは、いつのまにか人垣でいっぱい。
しまいには、商売までしようなんてものも出てきたりして……

さてそのうち、お菊さんが出る時分になるってえと、おはやしやら、鳴り物やら、やたら演出効果も凝ってきて、もう、一躍スターのような存在。

しかしあまりに頻繁に観客が来るので、お菊さんも疲れからかぜをひいてしまい、咳をしながらでは、なかなか勘定もはかどりません。

そんなある日の夜、いつものようにその時間、例の長屋の連中が、お菊さんを待ち受けておりまして、「六まーい……」のところへきたのですが、どうにもこうにも、観客が多すぎて、前へ進めません。

「やばいよ、これじゃあ、おれたち死んじまう!」と、あたふたしておりますと、「九まーい……」

とうとう九枚になってしまいます。

「もうだめだ」と思っておりますと……

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志/明烏

あらすじ 遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と …

立川談志tatekawadansi
立川談志 二十四孝

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …

立川談志tatekawadansi
立川談志 蜘蛛駕籠(蜘蛛駕篭)くもかご

『住吉駕籠』(すみよしかご)または『蜘蛛駕籠』(くもかご)は古典落語の演目の一つ …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

立川談志tatekawadansi
立川談志 宮戸川 (お花半七馴れ初め)

 

立川談志tatekawadansi
立川談志 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

立川談志tatekawadansi
立川談志 万金丹

あらすじ 江戸を離れて、気ままな文無し二人旅。 日も暮れて泊まるところが無いので …

立川談志tatekawadansi
立川談志 権助提灯
立川談志tatekawadansi
立川談志 つるつる

談志師匠の『つるつる』 一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けてい …

談志・圓楽dansienraku
【リレー落語】 三遊亭圓楽~立川談志 【お化け長屋】