【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん朝 お見立て

      2018/07/11

Sponsored Link



お見立て(おみたて)は古典落語の演目の一つ。
原話は、文化5年(1808年)に出版された笑話本・「噺の百千鳥」の一遍である『手くだの裏』。 別題は「墓違い」。
主な演者として6代目春風亭柳橋や3代目古今亭志ん朝が、現代では桂歌丸や古今亭志ん輔などが得意としている。

▼あらすじ▼
かつて三人の男を手玉に取り、大騒ぎになりかけたという『前科』を持つ喜瀬川のところへ、若い衆の喜助が飛び込んできた。
「お客ですよ」
「ハイハイ。で、誰?」
「杢兵衛(もくべえ)お大尽です」
「…、え?」
杢兵衛は流山の大金持ち。喜瀬川にばかな惚れようで、自分が嫌われているのをまったく気づかないから始末に負えない。
「そこは商売、なんとか顔だけは…」と喜助に言われても、嫌なものはやはり嫌。
仕方がないので、『花魁が危篤です』と告げ、追い返すように喜助に頼んだが…。
「駄目でした」
「如何してさ?」
「《危篤》って言ったんですが、これがいっこうに怯まないんですよ。それどころか、『病気なら、見舞いに行ってやんべえ』って…」
喜瀬川は唖然。とうとう面倒くさくなって、「『私は死にました』って、あの馬鹿に言って」と命令した。
「花魁は先月の今日、お亡くなりになりました」
「ほんとーか!?」
「息を引き取る時に、『喜助どん、わちきはこのまま死んでもいいが、一目、杢兵衛大尽に会いたいよ』って。ウッ…ウッ…」
花魁に指示されたとおり、湯飲み茶碗のお茶を指先に付け、目を覆うしぐさで目じりにつけて大熱演。
「泣いているのか? 目から茶殻が…」
「え!? ア…さっき、お茶を持ってきたときに、指先についていたのが移ったんでしょう」
悲哀を誘うよう仕草たっぷりで演じたので、お大尽はすっかり信じ込んでしまった。
これで一件落着…かと、思いきや。
「墓参りにいくべ。墓は何処だ?」
困ったのは喜助。喜瀬川に相談すると…。
「かまやしないから、山谷あたりのどこかの寺に引っ張り込んで、どの墓でもいいから『喜瀬川花魁の墓でございます』って言えば…」
お小遣いをあげると言われ、しかたなく大尽を案内して、山谷のあたりにやってくる。
「喜瀬川の宗旨は何だね」
「へえ、その、禅宗で…」
「じゃあ、ここだな」
お大尽がとある寺を指差したので、喜助は覚悟を決めて入っていった。
「お花と線香。ア、線香はなるたけ煙の出るものを、お花は大盛りにして…」
中に入ると、墓がずらりと並んでいる。いいかげんに一つ選んで「へえ、この墓です」。
杢兵衛お大尽、涙ながらに線香をあげ、ノロケを言いながら『南無阿弥陀仏、ナムアミダブツ』…。
「ゲホ…ゲホ…!! 線香のたきすぎだぁ!」
火事場みたいな煙を扇子で払い、ひょいと戒名を見ると…。
【養空食傷信士、天保三年】
「鼠小僧の死んだ年でねぇか! バカ野郎、墓を間違えやがって…」
「失礼しました、こちらです」
「ったく…ん?」
【天垂童子、安政二年卯年】
「こりゃ、子供の墓じゃねえだか!」
「失礼しました、こちらです」
【故 陸軍上等兵某】
「いってえ本当の墓はどれだ!?」
「へえ、ズラリと並んでおります。よろしいのをお見立てを願います」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん朝 蔵前駕籠(蔵前駕篭)

蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。 原話は、「今昔物語」第二十八刊 …

古今亭志ん朝 駒長

あらすじ 借金で首が回らなくなった夫婦。 なかでも難物は、五十両という大金を借り …

古今亭志ん朝/締め込み

締め込み(しめこみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享和2年(1802年)に出 …

■古今亭志ん朝 引越しの夢(口入屋)

口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で演じ …

古今亭志ん朝 三軒長屋

あらすじ 三軒長屋の両端に鳶の頭と剣術の楠木先生、真ん中には質屋の妾が住んでいる …

古今亭志ん朝 三枚起請(さんまいきしょう)
古今亭志ん朝 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

■古今亭志ん朝 坊主の遊び(剃刀)

あらすじ せがれに家を譲って楽隠居の身となったある商家のだんな、頭を丸めているが …

古今亭志ん朝 ぞろぞろ

浅草田んぼの真ん中に、太郎稲荷という小さな社があった。 今ではすっかり荒れ果てて …

古今亭志ん朝 崇徳院

あらすじ 若だんながこのところ患いつき、飯も喉に通らないありさまで衰弱するばかり …