【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん朝/お直し

      2018/08/01

Sponsored Link

吉原の中見世で、売れていたが少しトウの立った女郎と客引きの牛(ぎゅう)がくっついてしまうが、店の主人の計らいで咎め立てをせず、ふたりは結婚して女郎はおばさん(店の手伝い)として雇ってもらうことになる。
しかし金に余裕ができてくると牛はアソビをはじめ、しまいに博打に手を出して無一文、ふたりとも店の仕事も失う。
牛は後悔するが再起しようにも元手はなく、知り合いから話をもらった蹴転での商売をはじめることにする……

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝/お化け長屋

長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが借りに来た …

relay_rakugo
【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生 【富久】

親子三人による、貴重なリレー落語です。 データ 昭和33年(1958年)録音。 …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝/首ったけ
古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 茶金(はてなの茶碗)

あらすじ 江戸出身の油屋が、清水の茶店で、有名な道具屋の茶金さんが店の湯飲をまじ …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 ぞろぞろ

浅草田んぼの真ん中に、太郎稲荷という小さな社があった。 今ではすっかり荒れ果てて …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 百年目

あらすじ ある大店の一番番頭・冶兵衛。 四十三だが、まだ独り身で店に居付き。 こ …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 火事息子

田三河町の質屋の近くで火事が出た。火はは下火だが、蔵の目塗りをしていない。 職業 …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝 鰻の幇間(うなぎのたいこ)

『鰻の幇間』(うなぎのたいこ)は、古典落語の演目の一つ。作者不詳の落とし話で、い …

古今亭志ん朝sintyo
古今亭志ん朝/化け物使い

あらすじ 本所に独居する、元・御家人の吉田の隠居は人使いが荒いので有名。 桂庵( …